【ad】
【スポンサーリンク】

参考になりましたら押していただけたら幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加

一眼レフ初心者をすこし抜け出した私が皆様にソニーの一眼レフカメラをおすすめする理由。

こんにちは。
皆様の貴重なお時間に私のページにアクセスしていただきまして誠にありがとうございます。
このページでは一眼レフカメラ初心者、入門者の皆様へ私がソニーの一眼レフカメラをおすすめする理由を出来る限り分かりやすく書いていきます。

一眼レフカメラはキャノン、ニコンをはじめ多くのカメラメーカーから販売されておりますが、これからカメラを買おうとしている方は、「どのカメラがいいの?」とお悩みの方が大多数だと思います。
もちろん既に一眼レフカメラを買った方も私がソニーのカメラをおすすめする理由を読んでいただきまして今後のカメラ生活の参考にしていただけましたら幸いです。

私が最初に買う一眼レフカメラにソニーをおすすめする理由

これは一言で申し上げるとソニーの一眼レフカメラの取り扱い方が非常に「簡単で」初心者向けな事と価格が「安い」からです。
ソニーのカメラとキャノンやニコンのカメラを比べると2万~5万円以上価格が安いです。
実際同じ位のグレードの一眼レフカメラを価格.comで比較してみてください。

全く同じ性能ではないので一概に比較はできませんが、これを見るとソニーのカメラの価格がいかに安いかがわかりますよね。

私はニコンの一眼レフカメラを1台目のカメラとして買いました。初心者用モデルで当時価格が一番安かったニコンのD3100のダブルズームキッドです。

このカメラを買った理由が「一番安かった」からです。
最初に一眼レフカメラを買う理由って知識もないしどれだけ本気になれるかもわからないので価格は出来るだけ安く押さえたいですよね。。
私はこのニコンD3100を2年ほど使いましたがもう少し持ち運びがしやすい小さな一眼レフカメラが欲しいなと思い今回紹介するソニーの「ミラーレスカメラ」を買いました。
このソニーのミラーレス一眼が優秀で1台目で買ったニコンのD3100と同じような綺麗な写真が撮れるのに、それよりも軽く、1万円近く安かったんです。実際にソニーのカメラとニコンのカメラを使い比べてみてすぐソニーの一眼レフカメラの素晴らしさに気付きました。ここから先が皆様にソニーの一眼レフカメラをおすすめする理由です。

写真を撮る前にどんな写真が撮れるかわかる。

どういう意味か分かりますか?
普通写真って撮った後に写真をチェックすると思うのですがソニーの一眼レフは「写真を撮る前にどんな写真が撮れるかチェックできる」のです。

「写真を撮る前にどんな写真が撮れるかチェックできる」

私はこれから一眼レフカメラを本気で始めようとしている皆様に対してカメラの設定は「オート」ではなく「マニュアルモード」にして自分で設定を調整しての撮影をすすめています。
過去にその理由を綴ったブログがあるので興味ある方はそちらをご覧ください。

これからカメラを買う人が読むページ

マニュアルモードは基本的に3つの設定を自分で調整して1枚の写真を撮るのですが、ソニーの一眼レフカメラは設定を調整している時にタイムリーでどんな写真が撮れるかが分かります。
カメラ上達を目指す為にはこの設定を自分でやる事がとても重要な事で、それを簡単に習得できるのが私のおすすめするソニーの一眼レフカメラなのです。
もちろんまだマニュアルモードには抵抗があるという方もいるとますのでその場合はオートモードでチャレンジしていただいても構いません。
私は2台目のソニーのカメラを2年ほど使い、その後3台目の一眼レフカメラも買いましたがもちろんソニーを選びました。

写真のプロになりたいのならキャノンを選べ

今の段階で写真のプロになりたいのであればレンズやユーザーの多いキャノンをおすすめいたします。
しかし恐らく今から買うカメラ程度の予算ではプロで使うほどの写真は撮れないと思います。

【ad】
【スポンサーリンク】
プロはだいたい50万円くらいのカメラ本体と100万円近くするレンズを使っていたりします。
今からそんなカメラを買う勇気と予算があればいいのですが恐らくそこまでの予算は最初から出せないと思います。
ですのでキャノンやニコンのカメラよりも割り安で使いやすいソニーのカメラが初心者、入門者が買うべきカメラだと私は考えます。
きっと皆様も2年~5年ほどで新しいカメラが欲しくなると思います。
その時にキヤノンにするのか、そのままソニーを使うのか選択すればいいと思います。
そしてカメラとレンズは綺麗に使っていればある程度の値段で売ることも出来ます。

古いレンズを売って新しいレンズを買う

カメラとレンズは資産となりますのでホントにお金に困った際は高く売る事も可能です。
このページでは一眼レフカメラを安く買う方法や、金利の無いローンを組む方法、カメラを高く売る方法なども記載してあります。
是非これからの皆様のカメラライフのお役にたってもらえたら幸いです。

一眼レフカメラ初心者、入門者へメッセージ。ソニーの一眼レフカメラ使い方。

ここからはカメラ女子・カメラ男子になる皆様へ、ソニーの一眼レフカメラがいかに皆様の成長を助けてくれるかについて具体的に書いていきたいと思います。

先ほど「一眼レフカメラ初心者、入門者こそソニーのカメラを買おう」と述べましたがソニーの一眼レフカメラが具体的にどう使いやすいかとはどういう事なのか。
今回使用するカメラはソニーで人気の「NEX-5R」と言うちょっと前の機種。今は後継機が販売されており「NEX-5T」「NEX-6」「NEX-7」「α6000」等の似たような機種があります。

※下記の写真は私のソニーNEX5-Rです。
NEX-5R

このカメラはミラーレスカメラですが本気で始める方はミラーレスでは無くファインダー(覗き窓)がついている「一眼レフカメラ」を選んでくださいね。あくまで使用方法が一緒なのでミラーレスカメラで説明をしているという事です。
私のブログ「これからカメラを買う人のページ」の中で「F値」「ISO感度」「シャッタースピード」の3つの「光を取り込む○○」の調整機能の話をしましたが「F値」「シャッタースピード」の2個に関してはダイヤルを回すだけで瞬時に値を変える事が可能です。

まずは「F値」について

右上の大きなダイヤルがありそれが「F値」の調整ダイヤルになっております。これを左に回すとF値の値が下がり光を多く取り込みます。 
F値は小さい方が明るく、大きい方が暗い写真になります。実際に今回はF値の値をF3.5と5.0で撮影してみました。

シャッタースピード1/60でF値が3.5NEX-5R
1/60秒でF値5.0NEX-5R

撮影時のミスでISO感度がずれてしまって申し訳ないのですがさほど影響はないのでスルーしてください。
上の写真はシャッタースピード1/60でF値が3.5。
下の写真は1/60秒でF値5.0です。F値の値を変えるだけで結構写真の明るさが変わるのお分かりになりますか?

次にシャッタースピードについて

シャッタースピードの調整を使う場面は2場面あります。

1.明るさの調整のために光を取り込む時間の調整

2.動いている被写体をぶれさせないで撮影する&手振れを防止する。

シャッタースピードの設定は液晶ディスプレイの右側の大きな円形のダイヤルを回す事で調整が出来ます。
左に回すとシャッタースピードが長く・遅くなり、右に回すとシャッタースピードが短く・速くなります。
明るさの調整としてのシャッタースピードは写真の通りシャッタースピードを遅く・長くすると光を多く取り込む為写真は明るくなります。

シャッタースピードを1/400
NEX-5R

F値は一番明るい3.5のままシャッタースピードを1/400にしてみました。
この設定だと光を取り込む時間が短くなったので結果として暗くなったという事がお分かりになりますか?
次に動いている被写体を撮影する時のシャッタースピードですがシャッターを切っている間、被写体が動くか、カメラが動くとブレた写真になります。
例えばお子様が初めて立った時や歩いた時の写真を撮った場合シャッタースピードの値を間違えると全部ブレブレの失敗写真になってしまいます。折角の思い出のシーンが台無しです。
一眼レフカメラの設定で「スポーツモード」がありますがこの設定は「シャッタースピードを早く、短く」している設定なので動いている被写体を撮影してもぶれにくくなっています。
スポーツモードで撮影してもいいのですが「カメラ上達」と言うコンセプトなのでここはマニュアルモードで自分で設定していきましょう。

シャッタースピードを1/250秒NEX-5R
上の野球の写真はシャッタースピードを1/250秒で撮影しています。このスピードだとボール以外はきちんと止まって撮れていますよね。

つまり人間が野球やるレベルのスピードだと1/250秒で大丈夫だけれども、ボールまで止まっている写真は撮れないという事です
もしボールまで止まった写真を撮りたい場合はシャッタースピードをさらに早くすると言う事になります。

このように実際写真撮影する時は「F値」「ISO感度」「シャッタースピード」の3つの「光を取り込む○○」の調整機能をして1枚の写真を撮っていきます。
最後に少しだけ出てきた「ISO感度」はダイヤルの右を押したら項目が出てくるので上下で選択すると変更可能です。
詳しく知りたい方やはり私のブログこれからカメラを買う人のページのブログを読んでください。もちろんISO感度も画面上で映像を見る事が可能なのでとても簡単に撮影が出来ます。
上記で説明したようにソニーの一眼レフカメラはボタンひとつ、もしくは2アクションで大事な3つの設定が画面上で簡単に変更可能です。
しかもその設定の反映が画面上でタイムリーに確認する事が可能です。

【ad】
【スポンサーリンク】

設定を繰り返し、繰り返し行う事によりどんどん写真の設定方法が分かってきてうまく撮る設定がわかってきます。
そうなるとスポーツシーンや逆光での写真撮影も上手に撮影する事が出来ますし、大切なシーンの一枚も運任せでカメラのオートモードに頼る必要は無くなります。

余談ですが、カメラの値段の差は「性能」であることが多いですのでいい写真が撮りたいのであれば高いカメラを買ったほうがいいです。
ただカメラには高い理由がありますので、その高い理由が自分の求めていないものだとしたらそのカメラは買わないほうがいいと思います。
例えばソニーのα6000は1秒で11枚の写真が撮れます。通常のカメラが6枚程度なので驚くべき速さでシャッターが切れますのでわんちゃんが走っている写真でもブレる事なく綺麗に撮れます。

引用 SONY

私が使用しているα7シリーズです!興味があれば!

α7 α7II
2430万画素 2430万画素
ISO 25600 ISO 25600
Full HD動画 Full HD動画
474g 599g
2.5コマ/秒 2.5コマ/秒
α7R α7RII
3640万画素 4240万画素
ISO 25600 ISO 102400
Full HD動画 4K 動画
465g 625g
1.5コマ/秒 2.5コマ/秒
α7s α7sII
1220万画素 1220万画素
ISO 409600 ISO 409600
4K 動画 4K 動画
489g 627g
2.5コマ/秒 2.5コマ/秒

写真を撮りたいのではなく何を撮りたいのか考える

ただ単に「写真が撮れればいい」のであればオードモードを使って撮影する事になんの問題もございません。
しかし、今後カメラを本気で始めてみようかなと思う方は「マニュアルモード」で上記の「F値」「ISO感度」「シャッタースピード」の設定を自分で調整する事を強くおすすめいたします。
この記事を読んで「思ったよりも難しく無さそうだ」と思った方は1ヶ月もしないうちにマニュアルモードでの撮影に慣れてしまうと思います。

なんせ覚えることはたった3つなんです。
卵ご飯を作る工程と同じ工程数なんですから。

1.ご飯をよそう。

2.卵を割る

3.しょうゆを掛ける

卵掛けご飯を作れる人は一眼レフカメラを使いこなせます。
難しく考えず卵掛けご飯を作るくらいの気持ちで一眼レフカメラの操作を覚えてくださいね。

色々説明してきましたがF3.5が正解とかシャッタースピードが1/60秒が正解とか間違いとかではないので自分が見て綺麗だと思える写真が撮れればその値が正解なんです。
今、これから一眼レフカメラを始めようとしている皆様には、カメラの設定の値を変えて何十枚、何百枚とひたすら撮ることをおススメいたします。
その中から最高の一枚を選んで皆さんのその瞬間の最高の思い出を写真として残してください。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

写真うまくなりたいならプロから学んだほうがいい

私はかれこれ6年くらいカメラの経験があるのですが全て独学です。
独学なので・・・中々上達しないです

カメラってセンスよりも「基本」がとても大事なんです。センスは「基本」の応用であり基本ができていないのに自分の撮りたいように撮っているのは自己満です。

ま、でも写真は自己満だとも思うのですがせっかくいいカメラを買うのであればせめて基本は学んだほうがいいと思います

独学で本を買っても2000円前後。
プロが動画で教えてくれるオンライン講座でも1ヶ月無料で学べる時代です。
6年経過した私としてはプロから学ぶのが一番いいと思いました。

マップカメラなら金利手数料が無料

カメラって結構高いんですよね。
でもカメラが気軽に帰るには理由があるんです。
それは・・・マップカメラは金利手数料が無料の事が多いんです。
料金としては最安ではないのですが一括で買えない人だとローンで買う事になり、金利手数料が無料になる事は非常に嬉しいです。
そして中古で買取も行っているので売る事も可能ですのでもしカメラの買い替えをしたい時にもつい読み方。
買う事から売る事まで考えたら意外と経費はかからないかも?
以下マップカメラの楽天市場店です。
マップカメラの公式ページ

私がオススメするSONYの人気機種

価格.comでの売れ筋商品

実際売れているのはCanonのEOS Kissなんですよね。一度は聞いた事ある名前だと思います。EOS Kissは一眼レフカメラとしては手軽な値段で色味もいいと言います。ソニーで同じクラスの物は販売していないです。ただあと5万円だせばソニーでは最上級クラスの「フルサイズ機の」α7が買えますからね。

オリンパスの一眼レフについても書きました

オリンパスのカメラで悩んでいる人用にもブログを買いましたよかったらお読みください。

オリンパスのカメラを買う前に必ず読んで欲しいブログ

参考になりましたら押していただけたら幸いです

このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦向け・学生向けなど目的別のブログも買いたのでよければ読んでください。

今の一眼レフは動画も綺麗に撮れますよ

サブコンテンツ

あとがき

最後までお読みいただきましてありがとうございました。最近はスマホのカメラ性能の向上やSNSがブームということもあり写真を撮る機会が前に比べ増えました。多くの人がとっている写真だからこそ、人より一歩先行った写真を撮りたいと思って一眼レフカメラを買いました。皆様もみんなから羨ましがられるような写真を撮ってくださいね。

このページの先頭へ