オリンパスのミラーレスカメラのオススメは?買う前に必ず読んで欲しい事。 | OLIMPUS | XT2 | FUJIFILM | カメラと大人の趣味

オリンパスのミラーレスカメラのオススメは?買う前に必ず読んで欲しい事。

【ad】
【ad】

お気軽にコメントくださいませませ。

351,915 views

こんにちは。

カメラを初めて早8年がすぎました。

カメラを始めた頃は、今ほどカメラがこんなにも面白いものだとは思いませんでした。

なんか、ボタンが沢山あるしレンズも沢山あって自分にはセンスもないし使いこなせないからカメラを趣味にすることはないなと当時はそんな風思っていました。

ただ、今と思えばその後ろ向きな自分を乗り越えられたからこそたくさんの仲間が増え、素敵な思い出を綺麗な写真で残せています。

最終的にその出会いのおかけで2016年7月に結婚までできちゃいましたからね。

ちなみにもうすぐ結婚1周年ですが私が結婚したことはまだ私の家族以外は知りません。

33歳で結婚したんですけど、ほとんどの人が結婚しているし別に今更自分が結婚したことは伝える必要ないかなってw

で、カメラの話に戻りますが昔に比べてSNSで写真を投稿する事も増え普段から写真を撮る事が増えた気がしませんか?

ある種今は「カメラを買う最大の時期」なのかもしれませんね。

ちなみにこの記事はオリンパスのカメラの話が中心となっていますが他社のカメラの話も出てきます。

一言でこのブログを表すのであれば・・・・

「オリンパスのカメラは初級者、中級者向けのカメラでとても使い勝手がいいのですが、画質を求めるのであればオリンパス以外のカメラでもいいんじゃない?」って内容のブログです。

あくまで個人的なイメージですが「オリンパスのカメラで初めて、オリンパスのカメラで終わる人は少ない」と感じています。

これはカメラにはまった人で、仮に最初にオリンパスのカメラを買った人でも後々はほかのメーカーに移る人が多いって事です。

その理由は以下・・・20分?くらいかかる長い文章に書かれていますのでお時間のある時にでも読んでもらえましたら幸いです。

ちなみに最初に断っておくと、別にオリンパスのカメラを否定している内容ではなく、もしあなたがこれからカメラを買おうとしていて、オリンパスのカメラ一択しか考えいていない場合に他社のカメラも選択肢に入れたほうがいいんじゃない?って話です。

カメラに限らずやはり他社と見比べることは大事ですよね。

それによって、自分が好みだったメーカーの商品がさらによく見える事だってありますからね。

自分が100%理想とするカメラは存在しない?

恐らくカメラって自分の理想に100%叶っているものは存在しないと思っています。

その理由としてカメラの大きさ、画質、価格、デザインなどどっかで妥協が必要になってくるのをきっとあなたも経験すると思いますので、最終的に妥協点を見極める事が出来ればあなたに合ったカメラ選びができると信じています。

一人でも多くの方にカメラを趣味にしてほしい

カメラに出逢って人生が大きく変わった

これは大袈裟ではなく本当に私は一眼レフカメラをと出会ってから人生が大きく変わりました。

なぜならば人との繋がりがとても増えたのです。

もし、あなたが私のように初対面の人と話しするのが苦手だったり、恋に奥手であるのであればもしかしたらカメラを趣味にしたらあなたも人生が変わっていくのかもしれません。

仮にあなたが昔の私のようにあまり友達とつるんだりするタイプでなくても問題はありません。

写真は人を撮らなければいけない訳では無いので、風景を撮ったりペットと撮ったり、料理を撮ったりと友達、仲間が少なくてもなんの問題もないんです。

このようにカメラは一人でも始めやすい趣味なので多くの人が始めているのだと思います。

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

私はほとんどの場合、カメラ片手にスイーツを食べに行ったり旅行に行ったり愛犬を撮ったりして写真を楽しんでいます。

人を撮るのは年に数回ですかね。

それでもたまにある人との交流では、写真の受け渡しをSNSで行うことが多く、連絡先(SNS)を交換することが多くなりました。

SNSで写真の受け渡しをする理由は簡単で、メールだと写真のサイズが大きすぎのでSNS上で受け渡すのが一番楽だと言う結論にいたりました。

「じゃあFacebookで友達申請してもらえたら写真送りますねー」みたいに。

一応Facebookは友達にしか公開しない設定にしているのでね 苦笑

普段の生活がわくわくするようになりました

私の生活の中で大きく変わったのが一つ一つの行動に対しての「わくわく感」です。

あくまで私の感覚でしかないのですが、犬との散歩、ウィンドーショッピング、一回一回の食事。

カメラを持つと生活の中の一コマ一コマがシャッターチャンスとなりました。

実際に写真を撮った後も「どんな写真が撮れたかな!?」と言う楽しみがあります。

いい写真が撮れたつもりで家でPCの大きな画面で見ると、実はピントが意図しないところにあったりとか。。。。

落ち込む事も多々ありますけどね 苦笑

こんな具合で今までは平凡な1日だったのが、カメラを持つことによって平凡な1日がわくわく感に変わっているのは私だけでないと思います。

そして、カメラを初めてもう一つ大きく変わったのがこのブログで、撮った写真やカメラの知識をこのブログに書くことによって全く知らない人との交流も増えました。

SNSやブログで写真が有効活用される時代

facebookが流行りだしてからTwitter、インスタグラムなどサービスの流行りは変われどこの先もSNSは何かしら残っていくと思います。

スマホのカメラ機能が向上してから写真だけじゃなくて動画で事故の映像や急な天候悪化の情報が瞬時に日本中に発信されるようになりました。

そしてSNS時代?ならではの職業も増えていてブロガー、YoutuberなどSNSに情報を発信して収入を得ると言うビジネスモデルも確立されています。

ブロガー、Youtuberなんて身近じゃないって思う方もいると思いますが結局のところ「インターネットで検索する」ってことは大半は誰かの経験ブログを読んでいるんですよね。

食べログだってそうですし、価格.comだって、最近は楽天もレビューブログのサービスを始めています。

つまりSNSではないにしろ多くの人は「誰かが経験した写真付きの情報」を欲しがっているんですよね。

当然その情報の発信はスマホでもいいと思うんですけど、きっとこのブログを読んでいるあなたは「スマホより一歩上の写真を撮りたい」って方が多いと思います。

写真が綺麗な方が情報を見ている人にとっても有益な情報ですからね。

有益な情報がお金になる時代

私の中ではひと昔前までは写真撮る仕事=カメラマンってイメージしかなったのですが、今の時代は写真撮る仕事はブロガーやYoutuber、インフルエンサーと言われる情報を発信する人のようにカメラに携わる仕事の種類が増えたと思います。

27歳の頃にカメラを始めて買って今はもう8年目。

当然趣味で始めたカメラでしたが現在はどうせ撮るならなんかお金にならないかなーなんて思ったりしました。

その大きな理由が「趣味に10万円もするカメラ買って自己満だけで終わらせるのはもったいないよな」

結局現在カメラとレンズ含めてカメラ関連商品に100万円以上は投資していますw

で、あるならば自分の撮る写真がお金に変わればもっとカメラを楽しめそうだなって感じたんですよね。

ある人はSNSやブログに写真をUPすることが好きだし楽しい。

ある人はSNSやブログに自己満+写真+有益な情報をUPして稼いでいる。

私も当然最初は前者でしたが30歳を超えて家庭を持ってくると、趣味のためだけにこんなにお金をかけるのは色々迷惑だし家族にちょっと後ろめたい気持ちも湧いてきたんですよね。

「新しいレンズ欲しいんだけ・・・・ダメだよね?・・・・」

Facebookに投稿するのが虚しくなった

最初は自分が撮った一眼レフカメラの写真をFacebookに投稿するとリアクションがあったので楽しかったんですね。

でもそれも数年もすると虚しさに変わって来ました。

「友達からいいね!もらって何が楽しいのだろ?」

このいいね!は自己満だけでお金を稼げるわけでもない。

自己満のいいね!のためにお金かけてフォトジェニックなもの食べにいくのって意味あるのかな。。。。?

こう思ってからなんか写真を撮るのも虚しくなっちゃんですよ。

だからもっと意味のあることをしようとこのブログを書き始めたんです。

有益な情報とは

では有益な情報ってなんなんだろ?

かなり考えてだした答えがこのブログですね。

私は結婚前は「千歳烏山」という東京世田谷区にある地域に住んでいました。

私にとっては生まれ育った「観光するところなど何もない駅」ではあるのですが外部から始めてやってくる人にとっては「千歳烏山には何があるのかなー、時間潰せるところはないかなー」って魅力を探している人も多いのです。

私にとっては何も感じない地元の情報もカメラとブログがありそれを発信することによってその情報を必要としてくれる人が読んでくれています。

それが有益な情報なんだなって。

きっとこのブログも「オリンパスのカメラってどんなカメラなんだろ??」って読みに来てくれていますよね。

カメラを始める目的は人それぞれ違いますし、数万円するカメラを買う動機が自分の中でまだ弱く、整理がついていない人結構多いと思いますのでカメラを買う理由を迷っているのであればまずは「自分の住んでいる町の魅力を日本中に発信するとか、なんか他人に役に立つ情報とかを発信する」っていう動機で始めて見てみるとカメラを買う目的、写真を撮る目的ができて楽しいと思います。

子供がいる人は子供の成長。

動物を飼っている人は動物の成長。

今しか取れない写真を今撮る。

そしてその写真を数年経って見て過去を振り返る。

これが写真の楽しさなんではないでしょうか?

珈里亜 南口店

珈里亜 南口店

カメラはどんなシーンでも活躍する万能ツールだと思います

冒頭でも説明しましたが私は8年ほどカメラ歴がありますが、その間に友人が増え、恋人が出来、結婚して結果論ですがカメラを買う前よりも人生が10倍楽しくなりました。

大学生であればサークルで写真撮ったり、高校生であれば部活で写真撮ったり、社会人であれば趣味の登山やフットサルや野球で写真撮ったり、主婦であれば手料理の写真を撮ったりペットの写真を撮ったり、お子様の写真を撮ったり。

カメラって誰にでも万能に役に立つツールだと思いませんか?

特にこれからの時期は夏休みに向けてカメラを買うのにはうってつけの時期だと思っています。

サザンビーチホテル沖縄&リゾート

サザンビーチホテル沖縄&リゾート

カメラを買うきっかけを何でもいいので作る

何かを始める時ってきっかけがないとなかなか一歩目がでない事も多いですよね。

それにお金も絡んでくると余計その傾向は強くなると思います。

先ほども少しお話しましたが、それでももしあなたがカメラを買うきっかけ、始めるきっかけが見つかれないのであれば以下をきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

  • 地元の素晴らしさを撮影したい
  • 素晴らしい風景写真を撮りたい
  • 被写体の素晴らしさを伝えたい
  • 異性と出会う趣味がほしい
  • SNSにかっこいい写真をUPしたい

とにかく「難しい事を考えずまずは身近なものを撮る事」からはじめ、SNSに投稿する写真をワンランクアップさせてみようかな??くらいの身近な理由からスタートさせてみてください。

実は私もカメラを買うのをすごく悩んだ時期がありましたが、やっぱり当時買う動機付けがなかなかできなかったんです。

それとお金も大きなネックとなっていました。

8年ほど前、私はスポーツトレーナーをしていて手取りで16万前後の給料だったかな?

この給料だと趣味に回せるお金もあまりないですし、学生さん、主婦の方だともっと自由に使えるお金は少ないですよね。

色々調べに調べて一つの答えが見つかりました。

カメラってほとんどの方が分割で払いで買っていて、金利手数料無料のカメラ屋も案外多いのです。

ちなみに私は今までカメラを3台、レンズを・・・10本くらいかな?

その8割を金利手数料無料のショッピングローンで買っています。

ショッピングローンは比較的簡単にお店でもWebからでも申し込むことができますが「収入」を記載しなければなりません。

もしかしたら収入が少ない方は審査が下りない場合もありますが本当にカメラがほしいのであれば一か八かで申し込んでみるのもありだと思います。

でもしっかりと自分でローンが返せる範囲内で考えてくださいね。

以下私がよく使う金利手数料が無料キャンペーンをやっていることの多い「カメラのキタムラ」と「マップカメラ」です。

どちらも中古の取り扱いもあるのでほんとに価格を抑えたいのであれば中古もありだと思いますよ。

私も初めは中古カメラ、レンズを買っていましたよ。

中古でもお店の保証はついている事が多いので問題なかったです。

カメラのキタムラ

マップカメラ

このようにお金の部分でも不安が解消されたので私はカメラを買う事が出来ました。

私がカメラを買ったきっかけ

ちょっと話が前後しますが、私は旅行が好きで行く先々の美しい風景の写真を撮りたいと感じスマホじゃなんか味気ないな・・・と持ったのがカメラが欲しいという動機でした。

しかし?冷静に考えたんです。

旅行ってそんなに頻繁に行かないよな?

私は多くて年に2回。

そこで思ったのです。

年に2回しかいかない趣味のために高価なカメラ買う意味があるのか??

手取りが16万円ですからね。。。。

そう考えてしまった私はカメラが欲しいと思ってからなんと3年はカメラを買えませんでした。

これは典型的にものを変えないタイプの人間の考え方ですよねw

テレビっていつ買い替えたらいいの?

パソコンの買い替え時っていつ?みたいに。

私が出した答えとしてはペットを撮るとか料理の写真を撮るとか身近なところにカメラを買う理由を持って来たほうが良いと言う結論に至りました。

スポンサーリンク

Facebookの高画質モード。インスタグラムを始める

カメラを買うか買わまいか悩んでいた頃、インスタグラムが流行りだしました。

当時はインスタグラムの事をよくわかっていなかったのでスマホで撮った「適当」な日常写真を載っけていたんです。

たまに人から借りた「ミラーレスカメラ」で撮った写真をインスタグラムに投稿した事もあったのですがその写真がすごく「いいね」の数が多かったんです。

その写真をFacebookに掲載するとやはり友人からの反響もすごく良かったんです。

「あ!ちゃんとしたカメラ使うだけでこれだけ反響が違うんだ!」

写真って楽しい!!

この時やっと一眼レフカメラを買う決断をしました。

以下、私の日常生活の中で撮った写真ですが、何気ない写真も一眼レフで撮ると何かいい雰囲気の写真に見えませんか?

味があるというか雰囲気が出るというか。

安達太良SAの米沢牛のサイコロステーキ

安達太良SAの米沢牛のサイコロステーキ

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

身近なもので例えるなら・・・ミネラルウォーターかな

あなたはこれから多くのカメラの中からあなたにあったカメラを探されると思います。

私はすごくカメラ選びに悩んだのであなたに一つだけアドバイスです。

カメラだとピンと来ないと思うのでカメラを身近なもので例えてみます

あなたは水を買う時に銘柄とか気にしますか?

そもそも水なんて買わない人もいるのかな?

買わない人は・・・優しい気持ちで読み進めて行ってください。

例えばボルビック・エビアン・六甲の美味しい水と言う銘柄があったとします。

水が飲みたいあなたはどれを買いますか?

  • ボルビックが100円
  • エビアンが300円
  • 六甲の美味しい水が1000円

きっと9割の人が100円のボルビックを買いますよね。

多くの方が「ボルビックが飲みたい!」ではなく「水が飲みたい!」って言うハズです。

そして、話題の水素水にだって高いお金を出して買っている人だっていますよね。

なんでお金だしてしますのでしょうかね。

それは水ではなく水素水を買いたい理由があるからですよね。

カメラも同じような感じです。

【カメラが欲しい】のか【オリンパスカメラが欲しい】のか、まずはそこからしっかりと考えましょう。

私がSONYのカメラを買った理由

私が一番最初に買ったカメラはニコンでしたがその後SONYのカメラに買い替えました。

理由としては以下の内容になります。

  • 「画質が綺麗」
  • 「安い」
  • 「軽い」

この内容ってこれからあなたがカメラを選ぼうとしている基準とほぼ同じじゃないですか?

きっとほとんどの人が最初のカメラ選びはこれにあてはまると思います。

そしてこの内容に一番マッチしたのがSONYのカメラだったので私はSONYのカメラを買ったんです。

カメラってキャノンとニコンでほとんどのシェアを持っているんですが、SONYのカメラはそれに勝るとも劣らないほどの綺麗な写真が撮れます。

それでいてキャノン、ニコンよりも安価なんです。

でもカメラ買うならキャノンでしょ!ニコンでしょ!

ミラーレスならオリンパスのペンでしょ!!ってなる人が大勢いるのだと思います。

だからこそ私がこのブログで「ほんとにそのカメラでいいの?」と伝えたいわけなんです。

もしあなたが

  • 「画質が綺麗」
  • 「安い」
  • 「軽い」

を求めているのであれば私は迷わずSONYのカメラをオススメいたします。

その理由は話すと長くなりますが一言で言うと「価格以上に綺麗に撮れる」「綺麗に撮れるのに安価」って事なんです。

これは機種によってはオリンパスのカメラよりも綺麗に撮れ、安く買えるのです。

ちなみに私が買ったニコンのカメラは超初心者向けモデルだったので価格が安く画質もそこまで良いものでなかったですが、ニコンのカメラももっとお金を出せば良い画質のカメラも沢山ありますので、ニコンの画質が悪いという意味ではなく同じクラスのカメラを比べた場合にはソニーのカメラのほうが安価で画質のいいカメラが買えるという意味です。

オリンパスのカメラの中でもミラーレスカメラについて記載していきます

やっとここからがオリンパスのカメラの話になります 苦笑

話が長くてすみません。

ここであなたへ一個質問します。

あなたはカメラに何を求めていますか?

  1. デザイン
  2. 価格
  3. 重量

ですか?

それとも私と同じ

  1. 「画質が綺麗」
  2. 「安い」
  3. 「軽い」

ですかね?

まぁもしこの時点でこの質問に的確に答えられているのであればあなたはこのブログなんて必要ないかもしれません 笑

ミラーレスカメラ売り上げNo1はオリンパス

私がSONYのカメラがオススメなんです!!!と強く言った所で現実的にはミラーレス一眼=PENと言っても良いくらいミラーレス業界ではオリンパスのPENシリーズが不動の知名度、人気を誇っています。

実際Amazonの売り上げランキングでもPENシリーズはいつも上位を占めています。

※2017年ちょっとその縮図が変わり他社のカメラも人気が出てきています。

あ、ちなみにかなり大雑把な線引きとなりますが一般的に言う「ミラーレス一眼」と「一眼レフカメラ」はここではファインダー・のぞき窓がついているか、いないかって程度で覚えておいてください。

実際は違って、最近ではミラーレス一眼でもファインダーがついているものもありますがそこまで細かく話すと話が難しくなるのでとりあえずここではそのような区分けで話していきますね。

話は戻りますが、ここまでオリンパスの知名度がある理由はCMですかね?

当時カメラを知らなかった時代の私ですらPENの存在は知っていました。

宮崎あおい、綾瀬はるか。

※すみません。綾瀬はるかさんはパナソニックのカメラCMでした。間違えました。

パナソニック GF7 ダブルズームレンズキット

ちなみにオリンパスのミラーレスカメラと綾瀬はるかさんのパナソニックのミラーレスカメラはオリンパスのPENとほぼスペックは同じです。

つまりメーカーは違えど同じような性能のカメラなので「デザイン」とか「価格」、宮崎あおいさんが好きか綾瀬はるかさんが好きかとか、そういう理由で選んで良いと思いますよ。

ちなみに同じようなスペックなのに綾瀬はるかさんのパナソニックのミラーレスの方が安いんですよね。

ですから私だったら同じような写真が撮れるのであれば安いパナソニックを買ったほうがお得だと感じます。

もちろんデザインの好き好きがあるのでここで冒頭にも出てきた妥協ポイントで「デザイン」をとるか「価格」をとるかって訳ですね。

PENシリーズは使いやすいし可愛いし綺麗に撮れる

PENに関してはどっちかというと初心者向けのカメラ

私が一番最初に出会ったカメラはE-PL5と言うモデルでした。

最新はE-PL8です。

OLYMPUSの PEN Lite 「E-PL8」

ですからゼロからカメラを始めたくてオリンパスのカメラが欲しいのであれば迷う事無くPENかE-PLシリーズをオススメいたします。

ペンには「ペンシリーズ」と「ペンライトシリーズ」の2種類があってペンライトシリーズのほうがペンシリーズより初心者向けです。

おそらくE-PLのLがLight(ライト)の意味だと思います。

オリンパスの新作PENライト8を比べてみた!のブログ

理由は単純明快で操作が簡単

特にペンライト(E-PL)シリーズはほぼ全ての操作を液晶画面内で行うためとてもすんなり直感的に操作する事が可能です。

PENは少しE-PLよりも上級になって液晶画面以外に「ダイヤル」と呼ばれるものをくるくる回して操作するタイプのカメラで、少しカメラやダイヤルについての知識が備わっていないと操作に手こずるかもしれません。

ちなみに文字を書く場合「パソコンのタイピング」と「手書き」ではタイピングを覚えてしまうと断然タイピングの早いですよね。

カメラの操作も同じで覚えてしまえば液晶画面での操作よりダイヤルでの操作の方が断然早いです。

それを覚えるのにちょっと時間がかかりますけどね。

イメージ的に言うと液晶画面で30秒かかる作業がダイヤルでは5秒で終わります。

ちなみSONYのカメラはどちらかと言うとダイヤルでの操作が多いです。

カメラは機種が多くて悩むよね・・・

さて、たったPENとE-PL、SONYのカメラですらカメラの機種によってこんな特徴があるのできっと今の説明で「私は操作が簡単な方が良いからE-PLだな!」とか「私はカメラを極めたいからPENかSONYに挑戦!」って意見が分かれると思います。

多分、今の説明でPENとE-PLの違いは多少理解できたと思いますが、これに他のメーカーのカメラも加わるし、更にE-PLにも「5」「6」「7」「8」と言う型番が存在するからカメラって難しいんですよね。

で、結局どのカメラがどれがいいの?おすすめなの?ってね。。。。。

でもカメラって意外と簡単で、カメラを見るポイントさえ分かっていればおのずと自分に適した、自分が欲しいカメラがどれか分かってくるんです。

カメラ選びと恋人選びは似ている?

分かりやすい説明としてカメラ選びはあなたが恋人のタイプを選ぶ基準と同じだと私は思います。

恋人選びの基準

  • お金
  • 性格

だいたい友人とあつまって恋愛の話になると、理想のタイプはこの3つのどれかがメインになって後は年齢とかファッションとか国籍とかサブ要素がついてくると思います。

中には私はアメリカ人じゃないと絶対に結婚しない!!とかここで言うサブ要素がメインに来る人もいても良いですし恋人選びではそれが決して間違いではありませんよね。

カメラにもメインで選んだほうが良い要素がありますがもちろんサブ要素を選んでも間違いでは無いって事です。

例えば友達に誰か良い人を紹介してもらう場合を考えてください。

あなた「誰か良い人紹介して」

友人「どんな人が好み?」

あなた「イケメンで身長は180cmくらいで、都内に家を持っていて、車もち。30歳未満がいいかな!」

友人「OK!良い人がいたら紹介するね!(理想高くないか!?)」

こんなやり取りだと思います。

これはあなたがしっかりと自分の理想の「イケメンで金持ちで身長は180cmくらいで、30歳未満がいいかな!」って事を伝えられているから友人も良い人を探して、理想の人がいれば紹介できるんですよね。

上記の理想の人がいるかいないかは別の話ですが当然理想が高くなればなるほど理想の相手が見つかるまでの期間が長くなりますよね。

いや、もしかしたら一生現れない可能性だってありますよね。

これはカメラも全く一緒なんです。

ではそれを踏まえて。

カメラ選びの基準

  • デザイン
  • 価格
  • 重量
  • 画質が綺麗
  • 安い
  • 軽い
  • センサーサイズの大きさ
  • シャッタースピードが早い
  • レンズが沢山ある
  • ストラップなどオプション品が豊富
  • CMの印象が強かった

この中であなたがカメラを選ぶメインの要素ってどれですか?

ちなみに絶対的な正解はありませんので難しく考えなくて大丈夫です。

カメラを選ぶべき要素を私だったら「センサーサイズの大きさ」「レンズが沢山ある」「価格」「画質が綺麗」がメインになりうる要素だと思います。

何度も言いますがこれが絶対的な正解ではありません。

私であれば「センサーサイズの大きさ」「レンズが沢山ある」「価格」「画質が綺麗」を踏まえてカメラ探すことになります。

もしあなたが「デザイン」「価格」「ストラップなどオプション品が豊富」を選んだのであればそれに合ったカメラを探せば良いって事です。

ちなみにオリンパスのカメラは上記の中だと「デザイン」「価格」「ストラップなどオプション品が豊富」「軽い」「CMの印象が強かった」に該当するメーカーだと思います。

ただ、多くの人が悩むのはこの次の段階で、自分が欲しいカメラをイメージできたとしてもそれがどのメーカーのどの機種が自分にあっているのかなんてわかりませんよね。

ですから、ここから先はカメラ屋の店員さんに聞くのがベターな選択だと思います。

もしくは私に???笑

「カメラの理想」をしっかり伝えられたらカメラ屋の店員さんもしっかりとアドバイスしてくれます。

もしカメラ屋の店員にあなたの理想を伝えた結果それでも理想のカメラが見つからないいのであれば「しっかりと理想を伝えられていない」もしくは「理想のカメラは存在し無い」のどちらかになるハズです。

いや、もしくは「店員さんが意外とカメラの情報に詳しくない」可能性も否定はできませんね・・・・

ですから理想は一人の店員さんではなく複数の店員さんに聞くのがベターだと思っています。

「理想のカメラは存在し無い」の場合は恋人選びと同様何かしらの「妥協」が必要になりますよね。

100g68円のお肉と2000円のお肉

カメラについてまだまだ詳しくない方からすると安いカメラと高いカメラの差はなんだ?と「???」ばかりですよね。

例えばなんですが、私小学生の頃、100g68円の豚のこま切れ肉を主食として食べていてそれが美味しくて好きでした。

恐らく当時週5で100g68円の豚のこま切れ食べていたと思います。

100g68円でも十分美味しかったです。

時は立ち、私も30代を超える社会人になりました。

いいお店で食事をする機会も増え100g2000円もするようなお肉も経験しました。

そこで、100g68円のお肉と100g2000円はどっちが美味しかった?と考えます。

当然100g2000円のお肉の方が脂がとろけて嚙まなくても喉の奥に入っていく感じで幸せ・・・って感じ。

吉祥 銀座本店

吉祥 銀座本店

もちろん100g68円も美味しかったですがやっぱり100g2000円のお肉と比べると100g2000円に軍配があがります。

ではカメラはどうでしょうか?

例えば5万円のオリンパスのカメラ。

30万円する他社製のカメラ。

5万円のオリンパスのカメラも30万円する他社製のカメラも綺麗な写真が撮れるんです。

でもそこにはやっぱりお肉の価格同様「何かしら差」があってその差を理解している人は高価であっても高い方を買うんですよね。

逆を言えば100g68円が超美味しい!!って思う人であればわざわざ100g2000円のお肉を買う必要はないんですよね。

では私は100g68円と100g2000円差はどのようにして感じたのか?

答えは簡単ですよね。

「それぞれのお肉を食べ比べたから」そのお肉の差がわかりました。

ではこれをカメラに当てはめると何をしたらカメラの「差」がわかるのでしょう?

ちなみにこの方法は私が思う方法ですのであくまで参考としてもらえましたら幸いです。

例えばカメラ屋にいって、AのカメラとBのカメラを撮り比べます。

もちろん撮った写真はそのカメラの液晶画面で見比べる。

正直この程度ではカメラの差は殆どわかりません。

なぜならば、ほとんどの写真の大きさは家にあるテレビ4台分程度(横2台縦2台)の大きさがあります。(カメラにによっては6台分程度(横3台縦2台))

実は写真のサイズってそれくらいかなり大きいですがそれをぎゅっとしてカメラの液晶画面に表示しています。

つまり写真(カメラ)の良し悪しを見るには家でパソコンなどの大きな画面で拡大とかしてみない限り圧縮されてしまって「どの写真も同じ」に見えてしまうケースが多いです。

100g68円と100g2000円のお肉の「食べ比べ」はカメラでいう「家に帰って撮影した写真をパソコン等の画面で開き、尚且つ拡大してみても画質がどれだけ綺麗なのか」って事だと思っています。

カメラに慣れている人はほとんどの人がSDカードを持参してカメラ屋さんに行きその日に買う事はまずないと思います。

試し撮りしてみて、家でパソコン等大画面で確認しその写真が気に入れば後日買うって流れの人が多いと思います。

きっとカメラの違いがわからないって言っている人の多くは、カメラ屋で試し撮りしその場で確認しただけの人だと思うんですよね。

その程度だと経験者ですらそのカメラの良し悪しを判断することは難しいと思います。

先ほど言ったように撮れた写真の違いを比べるには大きな画面で拡大をして比較するような事をしない限り判断は難しいと思います。

それくらい今時のカメラはどれもある程度綺麗に撮れるようになっています。

本当にカメラの差を知りたいのでればアマゾンで1000円くらいでSDカードが売っているので(お店だと高いのでアマゾンがベター)それをカメラ屋にもっていき
お気に入りのカメラでそれぞれ10枚程度試し撮りしてみてそのデータを家のパソコン等で比較してみてください。

それでやっと「カメラの差」がわかってくると思います。

私は最近はFUJIFILMのX-T2と言うカメラを使っているのですが、このカメラは多くの写真家が当時あった全てのカメラを比較し一番綺麗な写真が撮れるというランキングで1位に輝いたカメラなんです。

それを知ってから自分でX-T2の写真をカメラ屋で試し撮しパソコンの画面でも、スマホの画面でも確認し、そして印刷までしました。

やはり多くの写真家が言っていたことは間違いなく、とても綺麗な写真だと自分で納得して発売当時20万円近くしましたがX-T2を即買いしました。

20万円という価格は正直私にとって高かったですが何度もパソコンで写真を確認し、印刷した写真を見て、X-T2と言うカメラはその価格に見合った写真が撮れると実感したから買う決断が出来ました。

30万円、50万円と言うカメラがある中で20万円でこの写真が撮れるのであれば逆に「安い」と感じたくらいです。

ですからあなたもお店で比較するだけでなくSDカードも持参して家で写真を確認してみてください。

そうすればきっとそのカメラの良さがもっとわかり、納得してカメラを買う事が出来ると思いますよ。

オリンパスのミラーレスカメラは初心者用から中・上級者用まである

オリンパスのカメラの歴史は長い

オリンパスのミラーレスは歴史が長く何代ものミラーレスカメラが発売されています。

オリンパスからは大きく分けて以下のシリーズが発売されているんです。

  • PEN ライト(E-PL)シリーズ 【初級者】
  • PENシリーズ 【初級者】【中級者】
  • OMDシリーズ【中級者】【上級者】

この3つのシリーズの詳細は後ほど説明しますね。

OMDは中級者向けな感じだと思いますが今回は中・上級者向けに入れさせてもらいました。

【一眼レフカメラ】は基本的に初心者、中級者、上級者モデルがそろっている事が多いですが「ミラーレス」はそうではない事が多いと思います。(このブログを書いた時点で)

語弊がある表現になってしまうかもしれませんがミラーレス自体がカメラ入門者を狙ったような機能面だったり性能、価格帯だったりしていると感じます。

でも、そんなミラーレスカメラですが最近では高性能なミラーレスカメラも増えてきています。

それでもミラーレスカメラは「コンパクト・気軽」と言うコンセプトがまだ根強いので一眼レフカメラと比べるとミラーレスは「高性能」なものはまだまだ少ないです。

その理由がカメラは得てして高性能=重いので軽くコンパクトなミラーレス機は高性能な部分は削って軽量化してある事が多いのです。

どうしてもカメラは高性能にすると部品が多いのか重くなってしまうみたいです。

しかし、オリンパスのミラーレスカメラは歴史が長いのもありすでに多くの機種が販売されていて、最新機種はかなり性能が上がっていてミラーレス機には珍しく初心者、中級者、上級者と言うカテゴリでカメラを選ぶ事も出来ます。

オリンパスの上位機種 OM-D

オリンパスにはPENシリーズ、ペンライトシリーズの他にOM-Dシリーズも人気があります。

「オーエムディー」と読みます。

このOM-Dはサッカーの本田圭祐がCMやっていましたが最近宮崎あおいに変わりましたね。

PENよりも性能が優れているカメラのため少し高価になります。

OM-DもPENも画質は同じ?

ただOM-Dの方が優れているとはいえ撮った写真はPENでもE-PLでもOM-Dでも画質は一緒らしいですよ。

ほんとかな??

新宿のビックカメラの店員さんが言ってたので嘘ではないと思うのですが・・・・

一応気になったらみなさんも店員さんに聞いてみてくださいね。

PENシリーズとOM-Dシリーズの違い

では画質が同じなのになぜOM-DとPENシリーズは価格が違うのか?

撮れる写真の画質は同じなのにカメラの値段が違うのって「なんで??」って思いませんか?

でもこれからの説明を聞けば納得してくれるはずです。

OM-Dは防塵・防滴

実はPENよりも優れているカメラOM-Dは防塵・防滴なんです。

防塵(ぼうじん)防滴(ぼうてき)??

初めて聞く方もいると思いますが「ほこりや水滴」がある程度かかっても大丈夫なカメラって事を意味します。

はて?そんなほこりや水滴があるシーンで写真なんて撮りますかね??

いえいえ、一番わかりやすいのが「雨」ですね。

写真を撮っていて雨が降ってくるなんてざらにありますからね。

それ以外にも例えば海水浴いったり、潮干狩りいったり、お子様の野球の応援にいったりサッカー応援いったり鳥取砂丘行ったり、意外と砂や水があるシーンって多いんですよね。

もしかしたらカメラ置いているテーブルにお子様が水をこぼしてしまう可能性だってありますよね。

そういうシーンでは通常のカメラは使えませんし使っているとカメラは壊れてしまいかねません。

防塵・防滴は個人的に小さなお子様のいる家庭で力を発揮するのではないかと考えています。

削り出金属ボディーand手振れ補正

そしてカメラのボディも削り出した金属になっており高級感があります。

プラスの性能として手ぶれ補正機能が優れているので動画撮影や車などの動いている中ではPENシリーズよりも強みを発揮するんです。

つまり撮れる写真(画質)は一緒だけれども雨に強かったり手ぶれに強かったりして写真を撮る上での【環境】に強くなっているって事ですね。

そしてボディーが金属なので画質は同じだけれどもPENよりも価格が高くなっている訳なんです。

この理由からカメラは高いほうが絶対に綺麗な写真が撮れるという訳ではない事もわかりますか?

あなたが家の中で料理の撮影くらいしかしないのに防塵防滴のOM-Dを買ってもほとんど宝の持ち腐れだって事は想像できますよね。

ここでは何を言いたいかと言うとカメラの店員さんはあなたの置かれている状況はわかりませんのでその使用する状況もしっかりと店員さんに説明しないといけないという事です。

こうなってしまうと自分とミスマッチのカメラを買ってしまう恐れもあるんですよね。

当然上記の知識がなけば自分がミスマッチのカメラを使っている事すら気づけません。

こうならないようにあなたはどんなカメラが欲しいのか、どんなシーンで撮るのかしっかりと店員さんに伝えあなたもそのカメラがどんなカメラなのか店員さんに質問することが最善の方法だと思います。

私が思うPENシリーズとOM-Dシリーズの違い

あくまで私が思っているイメージなので絶対的な情報ではありませんのでご了承くださいね。

PENの特徴

  • 軽い
  • 可愛い
  • お手頃な価格
  • 液晶画面押すとそこにピントが合いシャッターが切れる
  • 自撮りができる(液晶が回転する)
  • マニュアルモードの設定がちょっと手間

OM-D

  • ファインダーがあって逆光で眩しくない
  • 防塵防滴で雨に強い
  • マグネシウムボディーでかっこいい
  • 液晶画面ではシャッターが切れない(多分)
  • 価格が高い
  • 自撮りができない(液晶が回転しない)
  • マニュアルモードの設定が簡単

私から見るとお互いのカメラの特徴はこんな感じですかね。

先ほど説明しましたがお互いのカメラの特徴は違うのですができあがった写真の画質、綺麗さには違いはありません。

だからどっちがいいカメラなのかを比べるとなかなか難しいのですが、いいカメラとはあなたが撮りたい写真が容易に撮れるカメラって答えがベターでしょうか。

OM-Dの新機種 E-M1 Mark2が発売(2016年12月21日)

OM-D E-M1 Mark IIを少しだけ試し撮り

  • 2037万画素。
  • 4K動画。
  • 1秒で18コマ(枚)の超高速連写、フォーカス固定で1秒60コマ(これ超すごい)
  • 手振れ補正が強靭(5段階)

OM-D E-M1 Mark IIはあるカメラ雑誌で2016年ナンバーワンと言われていたカメラです。

ちなみにOM-D E-M1 Mark IIの発売前から既に2016年ナンバーワンになると言われていたのでその期待感はすごかったです。

OM-D E-M1 Mark2は動く被写体を撮影するのに特化しています。

特化していると言うかもはや特化しすぎていますよねw

価格はボディーとレンズ合わせて25万から30万円くらいかな?

これってカメラを持っていない人からすると高いと思いますが今まで上記の性能を求めた場合50万円くらいするカメラを買わなければならなかったんですよ。

それがカメラのサイズもコンパクトになって値段も20万円くらい安くなったとすると超すごくないですか?

ま、逆を言えば私みたいなパンケーキとかしかとらない人にとっては全く宝の持ち腐れのカメラでありますw

OM-D E-M1 Mark2はあくまで動く被写体に特化しているので、もしお金に余裕のある方であれば小さなお子様がいらっしゃる方には特におすすめで、お子様が高校を卒業されるくらい(運動会、体育祭がある年齢)まではとても役に立つカメラになるのかではないかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上が標準レンズで・・・・

同じ位置からで下が400mmのレンズを装着。

おくーの方のSDカード売り場がくっきり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ま、これはレンズの凄さですけど 笑

つまりこれならある程度遠くても鳥とか動物とかF1とか動く被写体をキレイにとれますね!

二回目ですが、OM-D E-M1 Mark IIはパンケーキとかテーブルフォトの多い食べ歩きの人向けのカメラではないですからね!

【楽天から貴方へのおすすめ】

パナソニックから動画に特化した一眼レフカメラが発売

えーと、2017年の3月にパナソニックからマイクロフォーサーズ規格の一眼レフカメラが出ました。

OM-DとかPENと同じ規格ですね。

難しいと思う方は「オリンパスのOM-D」の「パナソニックバージョンのカメラ」って考えてください。

GH5(ジーエイチ・ファイブ)と言うカメラなんですが何がすごいかって「動画が永遠に撮れる」ってこと何です。

すみません。

永遠とは言いすぎました。

電池がなくなるか、SDカードの容量がいっぱいになるまで撮れるんです。

え?

何がすごいの?って思いました?

実は今までの一眼レフやミラーレスの動画の弱点って「録画できる時間が短い」ってことなんです。

いろんな原因があると思いますがその中でも「熱」による故障を防ぐためにある程度録画するとカメラが熱くなってきて強制的に録画が止まるんです。

熱暴走ってやつですね。

今市販されている一眼、ミラーレスカメラは私が知っている限り長くて30分程度ですね。(もっと長いのあったらすみません。)

ですから一眼レフで長時間録画する場合は何回かに分けたり熱暴走が治るまでまってなければいけなかったんです。

しかししかし、今度出るGH5は熱暴走による強制終了がなくなるんですって。

熱をうまく逃す?方法を見つけたみたいですよ。

マイクロフォーサーズなので暗闇での撮影はそこまで強くないですが昼間であれば4K画質の背景ボケのいい動画が撮れるので興味ある方はご覧になってみてくださいね。

※わざわざビデオカメラではなく一眼レフやミラーレスで動画を撮る理由は様々ありますが「背景がぼけていい感じの動画が撮れる」って人が多いみたいですよ。

ちなみに一個前のモデルGH4はyoutuberに人気みたいですよ。

追加情報ですがこのGH5は動画の「オートフォーカスが遅く」ピンボケすることが多いみたいです。

動画に特化したカメラなのにオートフォーカスが遅くピンボケが多いって致命的ですよねw

と、こんな風にカメラによって「癖(欠陥?)」もあるのでご注意くださいね。

ミラーレスカメラの予算は3万5千円から10万円くらいがいいかな?

ではカメラの買う時の予算ってどれくらいで考えたらいいのでしょうか?

最近ではミラレースカメラでも性能の良いカメラは10万円を越えるようなものまで発売されています。

例えばオリンパスと同じ初心者クラスで富士フィルムのミラーレスで考えてみましょう。

富士フィルム X−A2

このカメラ個人的にすごく使いやすかったです。

今あるミラーレス機の中でもオリンパスやパナソニックと比べてもスペック的に画質が綺麗な機種です。

この機種も初心者向けミラーレスだと思います。

富士フィルムのX−A2はレンズが優れていて「レンズキット」についているレンズでも結構寄れる写真が撮れます。

被写体に7cmまで寄れるんですって!!

これ結構すごい事ですよ。

普通ですとここまで寄った写真は専用のレンズが無いと撮れないことが多いです。

なのに最初からついている標準レンズでこの距離を撮れるのはすごいと思います。

このカメラはテーブルフォトが多い人向けですね。

X−A2

X−A2

X−A2

X−A2

オリンパスのPENとこの富士フィルムのX-A2って同じクラスのカメラなんですが、富士フィルムのX-A2の方が明るい写真が撮れるんです。

なぜオリンパスのPENより富士フィルムのX-A2のほうが明るい写真が撮れるのか?

その答えは映像素子(えいぞうそし)と言われる所謂センターに答えがあります。

カメラって「フルサイズ」って言葉聞いた事ありませんか?

以下センサーの写真ですが、皆様の閲覧してりるディスプレイの環境によって大きさが異なるので比率として参考にしてください。

カメラのセンサーって光を集めて実際に映像を取り込むとても重要な部分なんですが、センサーが大きいほうが光が多く当たるので「明るい写真が撮れる」ってのが基本なんです。

で、あくまで基本なのは、最近iphone7で話題になりましたが「2台のカメラを使って写真を合成して一眼レフにも負けないような写真が撮れるようになりました」と聞いたことありませんか?

つまりスマホなど、センサーが小さいカメラでもなんらかの技術で写真を明るく綺麗にする技術力が昔より上がってきているんですよね。

ですから基本的にはセンサーが大きいほうが明るい写真が撮れるのですが最近では技術力によってそうではないケースも存在するって事です。

で、X-A2のセンサーは左がから2番目のAPS-Cサイズ。

オリンパスは左から3番目マイクロフォーサーズサイズなんです。

つまり、仮にX-A2とPENが同じ価格だったとしたらセンサーの大きなXーA2を買ったほうが「良いカメラを買った」と言えるのではないでしょうか?

オリンパスやパナソニックの規格マイクロフォーサーズ規格はできるだけコンパクトで軽いことをコンセプトにしているカメラなので、画質はフルサイズ、APS-Cには劣ることが多いんです。

とは言え、ほとんどその画質の差には気づかないかもしれません。

結局スマホもパソコンのディスプレイも写真のサイズより小さく圧縮されて表示されているので私たちの目ではその差にあまり気づかない人も多いのです。

ですから冒頭に話たようにパソコンのディスプレイでさらには拡大表示して見比べるレベルじゃないと差を見つけるのは難しいと言ったのです。

オリンパスの最新機種のの「ペンライト8(E-PL8)」は写真サイズ4608 x 3456ですがスマホの横幅って320pxくらいしかないですからね。

私のブログに来てくれる方の殆どはスマホかタブレットでその中で一番多いパソコンのディスプレイサイズが「1280 x 800」なんです。

つまりE-PL8の写真サイズ4608 x 3456を圧縮せずにフルで見るには1280 x 800のパソコンディスプレイを横に4枚、縦に5枚(計20枚)おいてやっとE-PL8の写真を表示できるサイズって事なんですよね。

写真のサイズって大きいんですよね。

ちなみに私の持っているAPS-C規格のカメラはもっとディスプレイが必要です。

ですから最近のAPS-Cでもオリンパスのマイクロフォーサーズ規格でも想像よりもはるかに大きな写真サイズなので、圧縮されて表示されている状態のカメラの液晶画面やスマホ、タブレット程度の環境で見比べてもそんなに差は感じることはできないってことなんです。

ただ、もちろん写真の綺麗さとはあくまで「人の感覚」で、スマホやパソコンのディスプレイでも画質の差がわかる人もいると思いますので「多くの人は」って事でご理解ください。

ですから逆を言うとそこまで画質はこだわらないけど普段からカメラを持ち運びたいって人にはコンパクトボディーのマイクロフォーサーズのほうが「優れている」って見方ができますよね。

カメラは「画質が良いカメラが良いカメラ」ではないので「画質が良いイコール良いカメラ」ではなくて、「可愛いイコール良いカメラ」と捉えらる考え方も正解なので一概に何が良いカメラなのかは簡単に判断できませんよね。

ちなみに前の会社で使っていたカメラはライカ社製の超高性能、超高画質のカメラだったのですが4kgもあるのでまず持ち歩く気になりませんw

カメラとレンズ併せて100万円以上したみたいですw

とてもいい写真が撮れるカメラでありますが高価すぎて手が出ませんし、4kgもあって持ち歩く気にならないカメラはここまで読んでくれたあなたであれば「良いカメラ」とは言い切れないのはお分かりになりますよねw

センサーサイズが違うと画角が違う

それとセンサーサイズが違うと撮れる写真範囲が異なります。

これは「画角」って言葉になりますがよく「35mm換算で」って表現するんですよね。

35mm換算とは「フルサイズのカメラで撮った場合」って表現です。

なんでこんな表現するかというと全く同じ場所で写真を撮った場合にセンサーサイズによって撮れる写真の範囲が異なるからです。

イメージとして以下のような感じになります。

フルサイズの画角のイメージ

フルサイズの画角のイメージ

APS-Cの画角のイメージ

APS-Cの画角のイメージ

マイクロフォーサーズの画角のイメージ

マイクロフォーサーズの画角のイメージ

上記の写真はあくまでイメージなので実際の画角ではありませんので参考としてごらんください。

例えばフルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズのそれぞれのカメラで「50mm」のレンズを装着した場合に上記のように同じ場所から同じ「50mm」のレンズで撮影しているにもかかわらず違った写真になります。

同じ50mmなのに違った写真って自分が同じような写真を撮りたい場合にどのレンズを買えばいいか困りませんか?

フルサイズで50mmの場合APS-C、マイクロフォーサーズで同じ画角の写真が撮りたい場合は何mmのレンズを買えばいいのか。

それが先に登場した「35mm換算で」ってことなんですよね。

実はこれには計算方法があって、APS-Cの計算では大体APS-Cのレンズはレンズの焦点距離がフルサイズの1.5倍になると言われています。

そしてオリンパス等のマイクロフォーサーズ規格の場合、フルサイズの2倍で計算するそうです

つまり上記の写真だとAPS-Cではフルサイズでいうと75mm相当のレンズを使っているのと同じ画角になっているということになります。(マイクロフォーサーズだと100mm相当)

ですからフルサイズで50mm相当の画角で写真を撮りたい場合はAPS-Cだと35mm相当のレンズで撮る必要があり、マイクロフォーサーズでは25mmのレンズで撮る必要があるわけです。

多分この話を聞いてちょっと意味不明!!って感じている人も多いと思いますがですから基準を統一して「35mm換算で○○mmのレンズ相当」って表現になるんです。

ですから店員さんに35mm換算(さんじゅうごみりかんさん)で50mmの画角のマイクロフォーサーズ企画のレンズが欲しいっていえば通じます。

で、なぜ今50mmの画角のレンズを例に出したかというと、人間の目で見えている感覚はフルサイズのレンズで50mmのレンズと同じ感覚だって言われているので、自分の目でみた感覚の写真を撮りたい場合は「35mm換算で50mm」のレンズを用意すればいいってことになるんです。

だからAPS-Cですと35mmくらいのレンズになりますね。

マイクロフォーサーズだと25mmくらいですね。

ですから写真を始めるのであれば自分の目で見えている感覚に近い35mm換算で50mmのレンズを買った方が撮る写真のイメージつきやすいんですよ。

一応この画角(撮れる範囲)に関してはレンズや立つ位置によってある程度調整ができるのでカメラとしての「優劣」って意味ではありませんが、フルサイズの大きな写真はトリミングすれば小さくできますが、マイクロフォーサーズのような小さなサイズの写真は画像編集ソフトを使って編集で大きくすると間延びして画質が荒くなるので画像を編集する機会が多い人であれば大きな写真が撮れるフルサイズもしくはAPS-Cの方が扱いやすい写真が撮れると思います。

ま、でも先ほども言いましたけどマイクロフォーサーズ規格の写真も編集する上で十分大きいですけどね。

あくまでフルサイズやAPS-Cと比べてって話です。

ちなみに最近ではフルサイズとAPS-Cは「6000 x 4000」の解像度が多い感じですね。

さオリンパスの写真サイズは4608 x 3456です。

2回目の説明になりますが見た目は同じでも密度はフルサイズやAPS-Cの方が濃いのでより鮮明な写真となる訳です。

つまりフルサイズやAPS-Cの方が解像度が高いので考え方によって「綺麗な写真」とも言えるんですよね。

以下APS-Cとマイクロフォーサーズ(オリンパス)の機種を価格で比べて見ました

本当はAPS-Cのほうが高いはずですがマイクロフォーサーズのほうが高い機種もありますよね。

これは先ほども言った機能面だったり素材だったり、発売の時期だったりいろいろな要素が合わさった結果です。

APS-C(キャノン)

EOS M5(キャノン)

427g 2420万画素 12万円位

EOS M3(キャノン)

366g 2420万画素 7万円位

EOS M10EOS(キャノン)

301g 1800万画素 5万円位
APS-C(ソニー)

α6300

361g 2420万画素 13万円位

α6000

285g 2420万画素 6万5千円位

α5100

283g 2430万画素 5万5千円位
APS-C(FUJIFILM)

FUJIFILM X-Pro2

445gg 2430万画素 17万円位

FUJIFILM X-T2

457g 2423万画素 16万5千円位

FUJIFILM X-T10

331g 1630万画素 9万5千円位
マイクロフォーサーズ(オリンパス)

E-M1

443g 1628万画素 12万円位

E-M5 Mark II

417g 1605万画素 8万5千円位

E-M10 Mark II

342g 1605万万画素 8万円位

PEN-F

373g 2030万画素 13万円位

E-P5

366g 1605万画素 7万5千円位

E-PL8

326g 1605万画素 10万5千円位

オリンパスはPENとE-PLとOM-Dでレンズが兼用できる

オリンパスはレンズの規格がマイクロフォーサーズ

先ほど私はSONYのカメラを使っていると話しをしましたが、SONYのカメラっていわゆる上級者モデルと初心者向けのミラーレスカメラを比べるとレンズの規格が異なるためレンズを兼用する事が出来ないんです。

特にSONYのミラーレスはまだまだ歴史が浅い為そもそもレンズの種類が少ない。。。。少なすぎる!

写真の楽しみは「レンズを楽しむ」「最適なレンズを探す」と言っても過言ではないので、レンズの種類が少ない事は写真を撮る人間からすると致命的な部分だったりするんですよね。

しかし、オリンパスのカメラはほとんどの機種でレンズの規格が同じため兼用する事が出来ちゃうんです。

これってとっても素晴らしい事なんですよ。

あなたは今の段階ではレンズが兼用できる部分がどれだけ便利なことなのか想像できないかもしれませんが、今の段階ではオリンパスはレンズを兼用することができ素晴らしいんだ!!と頭の片隅に置いてください。

実はパナソニックもマイクロフォーサーズ規格を採用している

途中少し出てきましたが実はオリンパスのカメラにパナソニックのレンズを装着する事も可能なんですよ。

※もちろんその逆も可能です。

だからレンズの選択肢が増えるって事なんです。

これは素晴らしい事ですよ。

でも1点だけ注意が必要なんです。

異なったメーカーのレンズを付ける場合【手振れ補正機能が効かなくなる】ケースもあるので注意が必要なんです。

これは手振れ補正の機能が「ボディー側」についているメーカーと「レンズ側」についているメーカーが存在することでおこってしまうんです。

基本手適にはオリンパスは本体に手振れ補正がついていて、パナソニックはレンズ側に手ぶれ補正がついています。

つまりオリンパスのレンズとパナソニックのボディーには手振れ補正がついていません。

知らないでその組み合わせで買ってしまった場合悲しいことに手振れ補正が使えないと言う事態に陥ってしまいます。

ま、初心者の方がいきなり別別のメーカーの本体とレンズを買うことはほぼ無いと思うので大丈夫だと思いますが、これも覚えておいて損はないと思います。

そして、全員とは言わないですがカメラが楽しくなってくるともっと良い写真が撮りたい!!!と、今よりも性能が優れているカメラや、画質の綺麗なカメラ、レンズが欲しくなってくると思います。

新しいカメラが出ると、どのカメラも自分のカメラよりも優れて見えてしまって欲しくなってしまうんですよね。。。。。。

一例をあげるとあなたがオリンパスのPENかPENライトを使っていた場合、オリンパス上位機種の一眼レフカメラ(OM-D)が欲しくなってくるんですよね。

オリンパスの場合ですとレンズが兼用して使えるのであまり問題は無いのですが、仮にキャノンやニコンでミラーレスカメラから一眼レフカメラに移行する場合はほとんどの場合でレンズが兼用できないためにすべて買い替えとなってしまうんです。

ですからオリンパスのカメラはレンズがそのまま使えるのでボディーを買い足すだけでよく、金銭的にも負担が少なく移行する事が容易なんです。

本当にこれは嬉しいことなんですよ。

こんな理由もあってカメラって「初めて買ったメーカーを使い続けていく人が多い」のだと思うんですよね。

「あ・・・ニコンのあのカメラが欲しいけどオリンパスからニコンに変えたらレンズも総とっかえしなくちゃいけないのからお金相当かかるよな。

我慢してオリンパスをしばらく使っていこうかな。」みたいに。

多くの人は心の中でこんなことを考えていると思います。

だからこそ最初のメーカー選びってかなり重要なんです。

こだわりが無いのであれば最新機種は買わない方がいいのかも?

これからカメラを買う予定の方はどこのお店でカメラを買う予定でしょうか?

多くの人、特に女性は家電量販店やカメラ屋に行く予定じゃないですか?

実はそんなあなたは損をしてしまうかもしれません。

「え?」

「私損するの??」

ほぼ100%に近い確率で家電量販店やカメラ屋では「最新機種」が展示してあります。

そこで間違っていけないのは「そこに売っているカメラが全てではない」と言う事です。

下記のカメラの価格を見てください。

【PEN E-PL5】
【PEN E-PL6】
【PEN E-PL7】

ちなみに今PENライトシリーズの最新はE-PL「8」です。

OLYMPUSの PEN Lite 「E-PL8」

店舗で扱っているのはほぼほぼこの最新機種のE-PL「8」だけだと思います。

でもWebではE-PL「5」「6」「7」「8」モデルが発売していますよね。

ではE-PL5とE-PL6とE-PL7とE-PL8で大まかに比較してみましょうか。

E-PL5
E-PL6
E-PL7
E-PL8
センサーサイズ 17.3mm×13.0mm 17.3mm×13.0mm
画素数 約1605万画素 約1605万画素
防塵対応 SSWF SSWF
記録画像サイズ[JPEG] 4608×3456 ~
640×480
4608×3456 ~
640×480
手振れ補正モード 恐らく2軸
(ボディー内)
3軸
(ボディー内)
顔検出 最大8人 最大8人
モニター形式 3.0型可動式 3.0型可動式
角度調整 上:約170度
下:約65度
上:約80度
下:約180度
撮影速度 最高約8.0コマ/秒 最高約8.0コマ/秒
測距点 35エリア 81エリア

上記表を見る限り「E-PL5と6」、「E-PL7と8」はほぼ同じようなスペックでした。

「E-PL5と6」と「E-PL7と8」で比較すると手ぶれが「E-PL7と8」の方が強くなってオートフォーカスにも強くなったって事ですね。

そして液晶が上でははく下で自撮りが出来るようになりました。

多少は画質の向上もあるのでしょうが、大きくいうと写真の出来よりもカメラの機能が向上したというイメージですね。

その値段の差が3万2千円くらいですかね。(2015年11月12日の価格差)

果たしてこの価格差が妥当なのか否か?

完全に個人の判断になってしまいますよね。

そしてもしあなたが電気屋さんにしかいかなった場合、最新の7万円近くするカメラのみを進められているでしょう。

ついでなのでもう一個比較してみましょうか。

E-PL7と8と「OMD」の一番いい機種との差です。

E-PL7
E-PL8
OM-D
E-M1 Mark II
センサーサイズ 17.3mm×13.0mm 17.4mm×13.0mm
画素数 約1605万画素 2037万画素
防塵対応 SSWF SSWF
記録画像サイズ[JPEG] 4608×3456 ~
640×480
5184×3888 ~
1024×768
手振れ補正モード 3軸
(ボディー内)
5軸
(ボディー内)
顔検出 最大8人 最大8人
モニター形式 3.0型可動式 3.0型可動式
角度調整 上:約80度
下:約180度
横:約180度
撮影速度 最高約8.0コマ/秒 最高約60コマ/秒
測距点 81エリア 121エリア

センサーのサイズが横幅1mm大きくなっていますね。

画素数も増えているので写真のサイズも当然大きくなっています。

目で見て判断できるかは別として、「E-PL7と8」よりももっと鮮明な写真が撮れるようになったって事ですね。

そして、最大の特徴が5軸という手ぶれ補正ですね。

私が知っている限りの最大ですね。

ちなみに5軸とは、「縦の揺れ」「横の揺れ」「縦回転の揺れ」「横回転の揺れ」「前後の揺れ」の5軸だそうです。

3軸だとそのうちの3個ですね。

とにかく手ぶれに強いカメラって事です。

そして測距点というオートフォーカスエリアが121点もあるのでオートフォーカスにも強いカメラなんですよね。

つまり望遠レンズとか使って遠くの鳥とか運動会で走っているお子様とかスポーツシーンを撮るのに特化したカメラになります。

そして最速1秒で60枚写真が撮れるのでそれこそカワセミとかF1のレースとか、競馬場でのお馬さんとかそういうシーンでも力を発揮しますね。

同じオリンパスのカメラですが、「E-PL7と8」と「OMD」は画質はそこまで変わらないけど性能がこれほどにも違うんですよね。

ま、でもやはり動かないものを撮らないのであればそこまでの差はないのかもしれません。

前にカメラ屋でOM-D E-M1 Mark IIを試し撮りしてきた写真ですが、「劇的に綺麗!!」って感じはないですよね?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

恐らく価格は2倍から3倍は違うと思いますが、こうやって画質だけじゃなくてカメラの性能の差を見るとなんとなくカメラの価格の差も理解できるし面白くないですか?

今までならなんでこんなに値段違うの!!!で終わっていた事がこれからは手ぶれ補正の違い、オートフォーカスエリアの違い、センササイズの違い、連続で撮れる写真の違いとかきっと少しはご理解頂けたと思うので、この知識があなたに合うカメラを選ぶ大きなヒントになると思いますよ。

でも再度考えてみてください。

  • デザイン
  • 価格
  • 重量
  • 画質が綺麗
  • 安い
  • 軽い
  • センサーサイズの大きさ
  • シャッタースピードが早い
  • レンズが沢山ある
  • ストラップなどオプション品が豊富
  • CMの印象が強かった

もし最新機種を買ってしまうと自分の欲しい条件というよりも「目の前に最新機種しか置いていないから」買ってしまう事になりますよね。

すべての条件が最新機種でしか当てはまらにのであればそれで問題ありませんがほとんどの方はそうでは無い事の方が多いと思います。

私は同じものであれば「少しでも安く買いたい人間」なのでできる限り安い商品を探し回っています。

その分浮いたお金で「美味しそうなお店で食事」をして「写真を撮る勉強」をした方が楽しくないですか?

オートフォーカスが優れているのはE-PL7とE-PL8

カメラにはオートフォーカスと言って自動でピントをあわせてくれる機能がある事は多くの方が既にご存知だと思います。

しかしオートフォーカスが有効なエリアはカメラによって違う事はご存知でしたか?

すごく大雑把な説明をすると、カメラによっては被写体をド真ん中に置かないとオートフォーカスがあわないようなカメラもあります。

そんなカメラを買ってしまうと被写体を端っこにおいてしまうとオートフォーカスが効きません。

その場合手動でピントを合わせればいいので一応写真は撮れますがお子様など動いている被写体を撮る際にいちいち手動でピントをあわせている暇なんでありませんし、相当難しいです。

オートフォーカスに関しては

E-PL8が81点(箇所)。

E-PL7が81点(箇所)。

E-PL5.6が35点(箇所)。

E-PL7とE-PL8が81個(箇所)のオートフォーカススエリアがあるのでオートフォーカスエリアが広くてより自動でピントが合いやすいと言う意味です。

つまりE-PL7とE-PL8の方E-PL5.6よりも「動いているもの」の撮影で強さを発揮するという事ですね。

ただ?個人的な考えから言うとオートフォーカスが35点でも全く問題ないと思いますし、今使っているスマホだってオートフォーカスが何点あるかなんて気にした事無いですよね??

私のように止まっている物撮りが多い人や、自撮り風景の撮影であれば液晶画面を触ればそこにピントがあうのでオートフォーカスが強くなくてもあまり関係ない気もします。

ようは何を撮るかですよね。

そしてE-PL7とE-PL8でもデザイン以外はあまり変わらない部分も多いと思うのでその場合少しでも安価なE-PL7を買ったほうがお得な気もしませんか?

明確な目的があるならOK

とはいえ、もし最初から欲しい機種が決まっているのであればそれはOKです。

例えばちょっと高くても以下のカメラはミラーレスで1秒間で11コマ撮れるというめちゃくちゃ連写ができるカメラなんです。

高価な一眼レフカメラと比べても引けをとらないくらい圧倒的に「連写」「動く被写体」に強いカメラです。

最新だとα6300かな?

通常のカメラは1秒で5,6枚撮影可能です。

SONYのα6000(あるふぁーろくせん)は1秒で11枚です。

これは一眼レフと比べてもかなり高性能な連写枚数です。

ただ!!

注意が必要なんです。

連写が強いカメラって割と遠くの動物を撮る人が多いのですよね。(もちろん人もね)

鳥を撮る場合当然遠くを撮る「望遠レンズ」が必要な訳ですがα6000はそこまでの望遠レンズが販売されていないんですよね。

うん・・・・・・・・はがゆい 苦笑

カメラ選びってだから難しいのですよね。。。 笑

カメラの性能を勉強し、レンズの有無まで勉強する。

カメラとレンズの両方の知識が備わってやっと一人前ですね。

こんな具合に一見見た目は同じようでもカメラそれぞれに「特徴」があるんです。

追記

ちなみに最近1秒間で40コマ撮影できるというマシンが出ました!

現在だとこれが最速じゃないかな?

まさに動くものを撮るのに特化したカメラですね。

少しだけ高価ですが機能を考えると値段相応だと思います。

ちなみに40コマとれるモードでは写真のサイズは(S)、1824×1368で固定されるそうです。

つまり高速撮影可能ですが写真のサイズは小さくそこまで「高画質ではない」って事かな?

今高画質の主流は6000×4000なのでその3分の一の解像度ですね。

レンズを買い足すならこの単焦点レンズかな?

たんしょうてんれんずと読みます。

始めてカメラを買う人は本体とレンズがセットになっている「レンズキット」を選ぶ人が圧倒的に多いです。

理由としてはセットで買った方が安いのと、カメラの知識がそれほどないのでとりあえず標準的なものを買っとけば大丈夫だろ的な?

ただその標準的なレンズって「風景を撮ったり、10mくらい先の人を撮影するのが向いている」レンズのため料理など、近くのものを撮るのにはあまり適していません。

もちろん付属のレンズで料理を撮る事は可能ですがより良い料理の写真を撮るのであれば短焦点レンズが向いていると言われています。

まぁこの辺になってくるとどんな写真が好みかになってくるのですが・・・

これはレンズの特徴で短焦点レンズは明るい写真が撮れ、背景がボケやすいのでそれっぽい写真が撮れるのです。

魚がし鮨

魚がし鮨

鎌倉

鎌倉

江ノ島

江ノ島

どう?

それっぽい写真でしょ??

この「シズル感」「ボケ」が出やすいのが単焦点レンズの特徴なんです。

あと写真がボケるメリットとして、自分が写真の中で見て欲しいポイント以外はボケてくれるので写真を撮った意図が伝わりやすいと言う部分もあるみたいですよ。

以下の写真だと真ん中だけピントが合っているので自然と真ん中に目がいきますよね?

「真ん中の料理を見て欲しい」って言うメッセージも伝わりやすいですよね。

鎌倉

鎌倉

まいもん寿司

まいもん寿司

そしてレンズには「最短撮影距離」と言うものがあり被写体とレンズはこれ以上近づくと撮影出来ないですよっていう明確な「距離」があるんです。

たとえば最短撮影距離が0.3m(30cm)だと料理のアップ写真が撮りたくても物理的に30cm以上離れないと「ピント」が合わないためシャッターが切れません

私の他のブログに訪れる方のキーワードでも結構多いのが「ミラーレス 料理 アップの写真 撮れない」と言うキーワードです

きっとこの方たちはレンズの最短撮影距離を理解していないから「なんで写真が撮れないんだ」と悩まれている訳ですが、それはその人が使っているレンズが「料理をアップで撮る用のレンズじゃないから」なんです。

ですからレンズを買う際は必ず「最短撮影距離(さいたんさつえいきょり)」の確認は必ずしてくださいね。

個人的にレンズを選ぶ上では最短撮影はとても重要だと思っています。

なんだかんだ言っても一番身近な被写体は日々の食事だと思うんですよね。

そうするとそれを上手く撮れるレンズが必然的に欲しくなってくると思うんですよね。

ちなみにE-PL7と8の付属のレンズは恐らく同じもので、最短撮影は25cmなので比較的テーブルフォトにも向いているレンズだと思います。

となるとデザインが問題ないのであれば私なら価格の安いE-PL7を選ぶと思います。

オリンパスの新作PENライト8を7と比較してみた!のブログ

最大撮影倍率について

最短撮影距離と同じくらいレンズには大切な値があります。

それが最大撮影倍率です。

簡単に言うと、先ほど説明したカメラのセンサー部分に被写体が何センチで映し出されますよっていう値です。

まぁ言葉で言われてもチンプンカンプンだと思うので実際に例を挙げて説明しますね。

マイクロフォーサーズのセンサーは横縦17.3mm/13mmですよね。

縦が13mm → 1.3cm です。

最大撮影倍率の数字は一番大きなもので「1.0」が基本です。

でも最近「1.25」というレンズも出たみたいです。

いや1.25ってすごい!!

ここでは「1.0」で説明ます。

最大撮影倍率1.0倍というのは「10cmのものを10cmで撮影できますよ」という意味なんです。

なるほど、10cmか。

って10cmのものを10cmで撮影できるって別に何も驚かないけど?って感じですよね。

でも考えてみてください。

マイクロフォーサーズ規格のセンサーは縦1.3cmしかないんですよ。

1.3cmしかないセンサーに10cmとして撮影されるんです。

そう、つまり「被写体に寄った」かなりUPめの写真が撮れるって事になるんです。

こんな感じ。

最短撮影倍率 1倍

最短撮影倍率 1倍

10cmのジャイアンを撮るとかなりよって目のドアップの写真になります。

これが最大撮影倍率が1.0倍のレンズで撮れた写真です。

この話ちょっと面白くないですか?

では次に最大撮影倍率0.1倍のレンズではどうなるでしょう?

ちなみに最大撮影倍率は比較的0.1倍から0.3倍くらいのレンズが多いです。

最短撮影倍率 0.1倍

最短撮影倍率 0.1倍

0.1倍は10cmのものが1cmで1.3cmのセンサーに映るという事なのでこうなります。

さっきよりも大分引いた印象の写真になりますよね。

※実際はマイクロフォーサーズ規格の場合最大撮影倍率も35mm換算で2倍になるので上記の写真の2倍寄れます。

最短撮影倍率 0.2倍

最短撮影倍率 0.2倍

つまり先ほど説明した最短撮影距離と、最大撮影倍率を見ればある程度どんな写真が撮れるかってのはイメージができるって事なんですよね。

なので、料理のUPの写真を撮りたいのであれば最大撮影倍率が1.0倍に近い方が向いているレンズですし、風景写真が多いのであれば最大撮影倍率が0.1倍であっても問題ありせんよね。

最大撮影倍率1.0倍を0.1倍にするには自分の立つ位置を後ろに下がれば調整できますが、最大撮影倍率が0.1倍のレンズは物理的にそれ以上UPの写真が撮れないって事なんです。

ですからレンズを買うときは「最短撮影距離」と「最大撮影倍率」は必ずみて買ってくださいね。

でね。

なんでこんな話をしているかと言いますとオリンパスのレンズってすげーーーーーーーーーーーーーーー種類があってこの最大撮影倍率が0.1倍/0.15/0.2倍/0.3倍/1.0倍/1.25倍などかなり沢山のレンズがラインナップされているんです。

でも他社を見るとこんなに最大撮影倍率豊富じゃないんですよ。

つまり「純粋にカメラを楽しみたいのであればとてもオリンパスはとてもいい選択」だと思います。

レンズを変えるだけで上記のような全然印象の違う写真が撮れるんですから、最初は難しいと思いますけど、慣れてくると「どのレンズが自分に合っているかなぁ♪」って選ぶのですら楽しいですからね。

私の持っている富士フィルムのカメラはとーーーーっても画質は綺麗なんですがレンズの種類がとっても少ないんですよね 涙

画質を撮るか、レンズのレパートリーを撮るかで私は画質を選んじゃいました。

ちなみにこれが最大撮影倍率1.25倍のレンズで最短撮影距離が9.5cm。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5…
価格:28000円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

意外と安い。

でもF3.5と明るくないんですよね。。。。。もう歯がゆいですね。

うまい写真を撮ると言うのは「最適なレンズを探して撮影する」と言う事だと思う

本気でカメラを楽しみたいのであれば被写体が変わる毎にレンズは変えたほうが望ましいので単焦点レンズはあった方が良いと思います。

ちなみに私がオリンパスのカメラで買い足すのであればこのレンズですね。

マイクロフォーサーズで25mmというのは35mm換算で50mmですよね。

先ほど説明した人の目でみた感覚に近いと言われている画角です。

25mmのあとの「f1.8」と言うのはレンズの明るさの単位でこの数字が小さいほうが明るい、背景がボケた写真が撮れるという意味であります。

f1.8はかなり明るい良いレンズです。(今販売されているオリンパスのミラーレスカメラレンズの中で一番良いレンズです)

下記実際に最新のE-PL7で付属のレンズと私おすすめの25mmf1.8で撮り比べてみました。

若干画角が違って比較しずらいのが申し訳ないのですが、先の二枚は背景のボケ具合がf1.8のほうが強いのわかりますか?

後ろのディスプレイのボケ具合がf1.8の単焦点レンズの方がボケていますよね。

そして、カメラ側の設定は同じでもレンズのf値が低いので単焦点レンズの方が明るいのもお分かりいただけると思います。

オリンパス PEN-7 付属のレンズ

EP-L7付属のレンズ

オリンパス f1.8 単焦点レンズ

f1.8 単焦点レンズ

つまりカメラが同じでもレンズによってかなりボケ感や明るさが違う写真が撮れ、イメージが異なる写真になるって事になります。

ちなみにですがf値に関しては数字を増やすことは可能ですのでf1.8のレンズはf3.5にも変更できますが、f3.5のレンズはf1.8としては使えないという事になります。

確かどのレンズもf16くらいまでは増やせたような気がします。

f16とかは修学旅行の集合写真とかで生徒の顔と風景の両方を極力ボカしたくないようなときに設定する感じの値です。

仮にf1.8で集合写真撮ったら恐らく誰かしらの顔がぼけてしまうのでね 苦笑

一大事です 笑

下の写真はもっと被写体に近寄ってみました。

ここまで寄ると背景のボケ具合に差はあまりなかったですね。

ってか付属のレンズでもかなりいいボケ具合のいい写真が撮れました。

驚きました。

EP-L7とEP-L8ならレンズを買い足さなくても付属のレンズで十分素敵なテーブルフォトが撮れそうだと実感しましたね。

PEN-7 付属のレンズ

EP-L7 付属のレンズ

オリンパス f1.8 単焦点レンズ

f1.8 単焦点レンズ

思ったより付属のレンズと単焦点レンズの差が出ませんでしたね。

ま、でも理想はあくまで付属レンズは風景など「広い範囲を撮る」、単焦点レンズで物取りやポートレートなどの撮影が理想だと思います。(私の主観)

単焦点レンズの3万円ちょっとと言う値段もレンズの中では比較的安い部類のレンズなのでそういう意味でも総合的にいいレンズと言えます。

以下ヨドバシカメラのカメラのページにも今回私が試し撮りした単焦点レンズの作例が掲載されています。

やっぱり本気で撮るとすごいです 笑

以下ヨドバシカメラのページ

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の作例

古いモデルは店舗には売っていない事が多い

では私の言ったように最新機種ではなく古いモデルの安い機種を買いにいこう!!と思っていただいた方ありがとうございます。

ただ。。。。古いモデルは「店舗」では売っていない事が多いのですよ。

先ほども言いましたが店舗のほとんどは「最新機種」を取り扱っているため古いモデルはほぼ売っていません。

つまり古いモデルはwebでしか買えないことが多いです。

Webでの買い物に抵抗がある方もいると思うのでもしWebでカメラを買われる方は店舗のレビューをしっかりみて「この店なら安心できる」と確認してから購買してくださいね。

アマゾンとか楽天のランキング上位店であれば割と安心できると思いますよ。

私が普段使っている【マップカメラ】の金利無料のローン

私はカメラを買う時は一括ではお金が厳しいので毎回ローンを利用しています。

もちろん金利手数料無料のローンです。

というかカメラを買う人の多くはカメラをローンで買っている人が多いと思います。

カメラを買うと色々良い事が多いのですが、だからと言って生活が苦しくなってまで買うものではないと思います。

そこで強い見方なのがショッピングローンですが金利を払うなんて馬鹿馬鹿しいと思っています。

マップカメラと言うカメラ屋さんは新宿に店舗も持ちながらWeb通販も行っている会社です。

※実は私このブログを書いた数年後マップカメラ系列のお店で働いていました。なんたる偶然。ですのでマップカメラは怪しいカメラ屋じゃなないので安心してください 笑

先ほど説明した100万円するライカのカメラとレンズを使っていたのはこの会社です。

商品写真にここまでお金かけるってすごいですよw

確かマップカメラはソフマップの社長が作った会社だったと思います。

文房具や自転車、時計の中古もとり扱っている会社を運営している会社です。

ちょっと高級路線で中古市場を牛耳っている会社なイメージです。

マップカメラの新品価格はそれほど安くはないのですが、とても上物の中古も取り扱っているのが魅力なんですよね。

最初の方は新品で買ったほうが良いと思いますが慣れてくるとレンズに関しては中古でもいいかなって考えに変わる時が来ると思います。

マップカメラってスタッフ数もすごく多いし、新宿にある店舗に行ってもらうとわかるのですが土日とかカメラとレンズを販売する人ですごい混んでいるんですよ。

それくらいカメラマニアにとってはとても有名なお店です。

中古でも新品でもショッピングローンは使えて金利手数料のキャンペーンをやっている事が非常に多いので、価格.comで調べると他のお店の方が安い場合もあるのですが、一括で払えないしローンの金利を考えるとマップカメラが私にはあっていました。

そして中古品って言いますがかなり程度が良いものが多いので中古でも抵抗が無い人は新品よりはるかに安価に買えるのでオススメです。

もちろん中古も金利手数料無料です。

※金利手数料はキャンペーンです。常にやっている訳ではありません。
マップカメラのページ

ちなみにカメラのキタムラは最大20回まで金利手数料無料でした。

きっと全国的にはカメラのキタムラの方が有名なのでカメラのキタムラで買われる方の方が多い気がします。

ちなみに予算の都合で中古でカメラやレンズを買う人もいると思いますが、中古を買う際は「カビ」に気をつけてください。

カメラって「カビ」が生えて、カビが生えてしまうともうカメラやレンズの価値はがた落ちです。

ですからカメラ、レンズ用の防湿庫も販売されているんですよ。

湿気の多い場所などで保管する際は気をつけてくださいね。

まぁ上記のお店ではカビがついているものはまず売っていませんけどね 笑

一般の人からオークションで買われる際などは気をつけてくださいって事です。

店舗で買う時はなからず価格.comを調べてから行って値切りましょう

仮に電気屋、カメラやで買う場合、量販店であればほぼ100%値切れます

ビックカメラとかヨドバシカメラとか。

ヤマダ電機はカメラ屋ではないのでカメラの値切りは難しいかも?

ビックカメラもヨドバシカメラも、ただ安くしてなんて行っても無理なので必ず比較する店舗の価格を提示しましょう。

私が良くやるのは「Webで他の店は○○円なんですがどうにかなりませんか?」

大抵の場合値引きしてくれるか、ポイントを余計につけてくれます。

ここは強気に行って大丈夫です。

私は過去100%値引きかポイント付与率が高くなっていますので絶対あなたもやってくださいね。

店員さんもWebの方が安いのは我々よりも詳しく知っているので最悪でも「自店舗のWebショップ」もしくは「ライバル量販店のWebショップ」までは必ず価格は落としてくれます。

※個人経営でやっているようお店には合わせてくれないことが多いです。

カメラに関しては販売価格のままそのまま買う人は「100%損」していますのでぜーーーーーーーーーたい値切りましょう。

ただ、「新機種の発売日」に限ってはどこも値段が下がってないので値引きはまずできません。

あくまで他店舗で安く売ってた場合にのみ使える手段です。

※でも店員さんと仲良くなると電池とかストラップとか何かおまけを付けてくれる事は多々あるので、あまり強気な傲慢な態度にはならずに仲良くいきましょうね。

ちなみに以下実際のマップカメラのE-PL7の価格です

アマゾンなどと比べてどうでしょう?

これを仮に12回払いにすると月6700円位ですからこれなら払えなくないですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新品》 OLYMPUS(オリンパス) PEN E-PL8 14-42mm EZレ…
価格:79990円(税込、送料無料) (2017/6/28時点)

カメラの買い時は夏からクリスマス前??

一概にカメラを買う時期が一番いい時期の正解は見つけ出せませんがしいて言えば夏からクリスマスの間ではないでしょうか?

夏休み、ハロウィン、クリスマスなどのイベントが続いていくので割とカメラを使用する場面が多い気がいます。

実際に私のこのブログはカメラ関連の記事が多いのですが夏休み前からクリスマスまでがアクセスが一番増える時期になっています。

多くの人もその時期にカメラを探しているのが伺えますね。

そしてクリスマス商戦で、クリスマスちょい前に各社新モデルが発表される事も多いのでその時期は型落ちした機種は少し安くなることが多いです。

ですから仮に10月頃にカメラの購入を考えているのであればもうちょっと待ってから買ったほうがお手頃に買える可能性がありますね。

ちなみに先日キャノンから新作が発表されました。

2016年の9月8日キャノンからすごくいいカメラが出ました!

なんと、、、、レンズ無しなのに42万円。。。。。。。w

これを最初に買うカメラとして決意をしたあなた!!

一生私はあなたを尊敬します!

こういう本格的なカメラいつかほしいですけどね。

レンズ入れたら50万から60万くらいしますよね。

表現としてあっているかわかりませんがこのカメラは一般的人向けに売られているカメラの中でもTOP3に入るほどの高性能のカメラだと思います。

一言でいえば綺麗な明るい写真が高速で撮れるって事です。

もちろんこんな一言では表しきれないカメラなので気になる方はご自身でキャノンのホームページをご覧ください。

キャノンEOS 5D Mark IVの概要ページ

本当にオリンパスのカメラでいいのか?

ここまでオリンパスのカメラを褒めてきましたがここからは180度違う事を言います。

ちょっとオリンパスのカメラを否定してみます。

あなたはホントにオリンパスのカメラで良いのですか?

まず下の写真をごらんください。

先ほども説明しましたがセンサーの写真です。

赤い枠がPENやOMDで使われているマイクロフォーサーズと言われているセンサーです。

一番右の青い枠がフルサイズ機と言われているセンサーサイズで今説明したキャノンのカメラに搭載されています。

センサーサイズ

センサーサイズ

オリンパスにはマイクロフォーサーズと呼ばれる規格のセンサーが搭載されています。

マイクロフォーサーズとフルサイズの間にはNikonやCanon、SONYが採用している「APS-C」と呼ばれるサイズがあります。

なぜこんな写真を皆様に見せたかというと

センサーサイズは光を取り込む部分なので大きいほうが明るい背景のボケた明るい写真が撮れるメリットがあるのです。

だからカメラを熟していくとセンサーサイズが大きなカメラが欲しくなってく人が多いんですよ。

つまり、わざわざセンサーの小さなマイクロフォーサーズ規格のオリンパスのカメラを買う必要ってあるの?って事です。

※マイクロフォーサーズ規格のセンサーは割と小さい部類です。

画質が綺麗で軽いカメラがいい!

人間はわがままです。

全てのいいとこどりカメラが欲しいですよね。

本当であれば「フルサイズのミラーレス機」が持ち運びしやすく手軽なカメラですよね。

昔私が使っていたカメラ、SONYのα7シリーズはそれにあたるカメラなんですが、フルサイズのセンサーを積んだカメラとしては小さ目ではありますがそこそこ大きくて、価格もそこそこしました。

SONY α7です。

フルサイズのミラーレス機はちょっと大きすぎるのでここではAPS-Cサイズのミラーレス機の話をしましょうか。

APS-Cサイズでミラーレス機を出しているのがSONYとフジフィルムなんです。

もう何回か登場しているX-A2もセンサーがAPS-Cですし以下のカメラもAPS-Cサイズのミラーレスカメラです。

ちなみにフルサイズのセンサーを積んだコンデジもSONYから販売されています。

値段見てください。

コンデジなのに40万超えている。。。

買えないw

どなたか優しい方私にプレゼント・・・・

結論として「デザイン性の高く軽量のオリンパスのミラーレスカメラを買うか」「画質の良いSONYか富士フィルムのミラーレスカメラを買うか」

この2択なのではないかと感じます。

一応キャノンやニコンからもミラーレス機出ているのですが、一眼レフではなくミラーレスで選ぶならオリンパス、SONY、富士フィルムの三社が良いのではないかと私個人では思います。

あくまで私個人の話ですよ!

もっと難しいのはレンズ選び

カメラって画質の違いはあるものの今時のカメラであれば何を買ってもそれなりの写真が撮れます。

実はその写真を撮る上でカメラ本体以上に重要なものはレンズだったりします。

先ほども書きましたが最短撮影距離などあってレンズによって撮れる写真、撮れない写真があるからです。

過去に一眼レフカメラのレンズを分かりやすく解説!と言うブログも書いてあるのでレンズ選びに失敗したくない方は是非読んでみてください。

私のブログへくる方で「レンズ代えたら暗くなった」ってかたもいてそれは「レンズの特性を理解していないから」そういう風になってしまうんですよね。

何度もいますがレンズによって撮れる写真、撮れない写真がありますのでカメラを買い前に一度お勉強しておく事をオススメします。

いや、ここまで読んでももうお腹いっぱいですよね。

でもここからはさらにカメラを楽しむ方法をお伝えしますよ!

もう少々お付き合いください。

カメラを始めるなら写真の撮り方についても勉強した方がカメラは10倍楽しくなる

写真の摂り方って「日の丸構図」と「三分割法」みたいな方法があるみたいで写真のバランスが綺麗に見える比率があるんですって。

ちなみにこれはスマホでも応用できますので是非この後にインスタとかSNSで活用してみてください。

下は三分割法です。

写真って基本的な撮り方があって基本を知っている知っていないで写真の印象がかなり違ってくるんですよ。

三分割法

三分割法

この写真の中に入っている線が三分割法です。

真ん中の四角、線が交わっている部分に被写体が来るように撮影する方法です。

ロカーサ

ロカーサ

パティスリー ルラシオン

パティスリー ルラシオン

こんな感じで上記の写真は右上の線が交わる部分を中心としています。

ちなみに人を撮る時は基本「縦」のほうがバランスがいいみたいです。

以下知人の写真撮りましたがこれもギリ三分割法になっているかな? 笑

ゴルフ

ゴルフ

写真を撮るときは被写体を真ん中に置くのが正解ではないってことなんですって。

ドラマ小さな巨人も三分割法が頻繁に使われていた

これはあくまで私が見ていての感覚なんですが、長谷川博己が主演のドラマ、小さな巨人ではこの三分割法が随所に取り入れられているのがわかりました。

絶対に画面の真ん中には被写体はいなくて中心の右上から左上に役者の顔、目があることがほとんどでした。

こう言うのって映像とか写真のこと勉強している人であると「あ、三分割法だ」って気づくことができるんですよね。

小さな巨人を見ていてもやっぱり写真や映像は三分割法がバランス良く見える構図なんだなと再認識しました。

動く被写体はブレやすい

話は変わるのですが、動いている被写体を撮るのってとても大変で普通に撮っていては必ずと言っていいほど「ブレ」ます。

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

上記写真をサンプル画像としてごらんください。

カメラの設定をオートではなくマニュアルでしっかりとカメラの設定を自分で行なっています。

愛犬がしっかりと止まって撮影されていますよね。

これをオートモードで撮ったら愛犬が走っている写真はブレブレになってしまってこんな写真を撮ることはできないと言っても過言ではありません。

飛行犬写真

飛行犬写真

カメラを楽しみたいのであればカメラの操作方法の基本は絶対に覚えておいたほうがいいです。

一応カメラの設定をオートにしても撮れますが、折角良いカメラを買うので【M・P・S・A】の4つのモードは是非覚えてください。

  • 【M】マニュアルモード
  • 【P】プログラムモード
  • 【S】シャッタースピード優先モード
  • 【A】絞り優先モード

個人的にはMを覚えてしまえば後の3個も自動的に覚えられますが、少しずつ覚えたい方はMを最後にして覚えたほうがいいと思います。

Mは全ての設定を自分で選択するのでカメラが撮ってくれた写真ではなく「自分の撮りたい写真」が撮れます。

カメラだって基礎なくして良いものは撮れないんですよね。

  • ISO感度(光を取り込む強さ)
  • F値(光を取り込む量)
  • シャッタースピード(光を取り込む秒数)

この3個を各々設定することで違った印象の写真が撮れるんです。

基礎が分かってくるとカメラの「ISO感度」とかレンズの「F値」とかを理解出来てきてカメラやレンズの性能の違い、あの人の写真はなんでいつもこんなに綺麗なんだろ?とか分かってくると思います。

(写真の作例にはISO感度、シャッタースピード、F値の設定が記載されている事が多いので人が撮った設定を真似することによって自分の腕前も上達できますよ)

ちなみにカメラってわかりわかりやすくイメージするとこんな感じ!

蛇口

蛇口

コップの赤いラインまで適切な水を入れるのと同じようにカメラに適切な光を入れると「綺麗に撮影できる」ってことです。

蛇口を何秒解放するのか。

どれくらいの量の水を出すのか。

フィルターの真ん中にあける穴の大きさはどれくらいなのか。

この三つの設定をうまい具合にして赤いラインまで丁度水を入れると綺麗な写真が撮れるってイメージですね。

上記の図を使ってわかりやすく説明したブログも書いたのでよかったら読んでください!

カメラの操作方法を図で詳しく説明したブログ

基礎が分かると自分にあったカメラ、レンズがどんなものかわかってきますのでカメラやレンズ選びでの失敗が減ってくると思います。

何事も基礎が大事ですね。

写真を学ぶってのは何も一眼レフカメラに限ったことではなくてスマホでも応用が可能です。

カメラの書籍も沢山ありますしWebセミナー形式の写真教室もあります。

昔1度だけ本当の写真教室に行ったんですよね。

よかったんですが・・・・全8回で5万円とか結構高価なんで通えなかったです。

その後、私が出会い勉強したのが無料Webオンライン写真教室でした。

私が受けたオススメで無料の動画で学べるカメラ教室

たとえ話ですがカメラの基礎を学ばないで写真を撮るってこういうことだと思うんですよね。

学生時代のあなたと後輩の会話だと思ってください。

あなたはバスケ部の先輩です。

後輩「せんぱーい。全くバスケしたことないんですがバスケ部入りたいんです!でも私は基礎とか練習嫌いなんで試合だけでいいです!」

基礎を受けずにカメラ始めるってこういうことを言っている感じなんです。

そして・・・・

後輩「なんか何試合か出させてもらったんですけど、先輩たちみたいにうまくドリブル出来ないし、シュート入らなくてバスケつまんないのでバスケ部やめまーす」

あながち世の中ってこういうこと多くないですか?

しっかりと基礎積めば楽しいのに、基礎をすっとばすから楽しむ前に辞めちゃうんですよね。

正直カメラもそうだと思います。

断言します。

カメラは基礎(マニュアルモード)を覚えた方が10倍以上面白いです。

これはカメラを買った後の話になるのですが、カメラってマニュアルモードで撮影するほうが断然面白いんですよ。

例えば、特に女性って「自分が可愛く撮れる角度」って研究している人多いと思います。

そんな事ない?

いや、絶対多いですって!

カメラって自動設定で撮ると色味とか光とか自動で設定されてしまいます。

当然それでもある程度綺麗な写真は撮れますがそれこそ「自分が可愛く撮れる設定」を追及しませんか?

当然「食べ物が美味しく撮れる設定」「風景が綺麗に見える設定」などマニュアルモードでは自由自在に撮影が可能です。

この「自分が可愛く撮れる設定」「食べ物が美味しく撮れる設定」「風景が綺麗に見える設定」の追及こそがカメラの楽しみであって、ここを追及しないのであればスマホでいいじゃない?って思ったりもします。

だからカメラを買うか買わないかで悩む段階の人はここを追及することが楽しめるかを一つの基準にしてもいいかもしれませんね。

ちなみに以下Web動画で無料で学べるカメラ教室で私もカメラのマニュアルモードについて学びました。

動画写真教室ショウアカデミーの公式ページ

1ヶ月無料トライアル体験ってのがあって1ヶ月10回の【初級】教室を受けることができます。

上記の教室ですが今だけ初級は無料で受けることが可能でその後上級を受けたい方は有料になるって流れです。

もちろん私は無料だけしか受けてませんけど 苦笑

もともとこの10回コースも59000円の費用がかかっていたらしいのですが今だけ無料みたいですよ。

ちなみに私が受講したときでも2000円の費用がかかったので今はほんとに「無料」で受講可能です

もともと59000円するコースだけあって内容はとても充実しており上記の【M・P・S・A】モードや写真の撮り方など初心者には目から鱗の情報が無料で勉強できますよ。

冗談抜きでカメラを楽しみたいならぜひ受けてほしい。

基本はオンデマンドなので決まった曜日の決まった時間にスマホかパソコンで視聴する形ですが、私はあまり決まった時間に見ることができなかったのでその場合は過去の動画としてUPされているのコンテンツを好きな時に見ることができます。

ですから一応決まった時間から授業は始まりますが自分の好きなタイミングで動画は見ることが可能です。

ただ、タイムリーで動画を見ているときはチャットで質問が可能なんですが録画の再生だとそれが出来ませんのでそこだけはご注意ください。

ちなみにあまり関係ないかもしれませんが、「コース終了証」をもらう事も出来、例えばWeb関係とか写真関係の仕事につくときそのコースを受講していますという証が履歴書に書け、多少ですがアピールになると思います。

カメラの資格について詳しくありませんが、カメラの知識、カメラの操作についてのある程度の知識がある事はアピールできますし、おそらく履歴書の資格欄に書いてあると「ショウアカデミー、カメラ・・・コース終了証」って何ですか?って話しになると思うので多少なりアピールになると思います。

ちなみにどこにも無料って書いていないのですが無料なのでご安心ください。

右上の申し込みボタンから無料申し込み可能です。
Shawacademy

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

これで無料登録完了です。

受講用ツールキットを購入した場合はお金がかかるみたいです。

私はこれを使ってないのでこれが何かは不明です。

特にパソコンとスマホさえあれば受講できるので特に必要ないと思いますよ。

ショウアカデミー無料コース

ショウアカデミー無料コース

無料動画でありながら相当有益なオンデマンドカメラ教室です。

カメラを10倍楽しみたいのであれば絶対にオススメするカメラ教室です。

Shawacademy

あと、有料ではありますが、家にいながらカメラについて学べるものもあります。

まぁ有料にしろ、無料にしろ何かしらカメラについて勉強した方が楽しさは増えるので是非覚えててくださいね。

以下は書籍でわかりやすかったものを掲載しておきますね

何かに登録するのは嫌だと言う方もいると思うので私が利用した書籍も紹介しておきます。

同じくカメラをオートではなくマニュアル操作で撮ろうと言う内容の本です。

たった6回の受講でカメラ中級者以上になれるカメラ教室

有名なカメラ教室のもう一つをご紹介。

このカメラ教室はクックパッドが運営するカメラ教室です。

そう、あの料理レシピサイトのクックパッド。

Webだけではなかなか覚えられないと言う方はクックパッドが運営しているこのようなカメラ教室もあります。

カメラ教室って色んな人が運営していて個人が運営しているものから大きな企業が運営するものもあります。

レッスン代は大体ですが1レッスン5000円から1万円が主流だと感じます。

これはお掃除サービスでもスポーツトレーナーでも1時間とか1レッスン当たりの料金はどの業界も同じだと感じます。

クックパッドが運営する写真教室の特徴はカメラを持っていなくても参加できるところです。

  • 無料体験がある。(カメラのレンタル無料)
  • 基礎1コース全6回29800円(税込)
  • 無料でカメラ選びのアドバイスをしてくれる
  • 会場は渋谷

今なら入会金無料キャンペーン中だそうです。

実際に入会した場合でカメラを持っていない方は3ヶ月間1万円でカメラを借りる事が出来そうです。

この価格は通常のレンタルカメラが3日程度で1万円なので破格だと思います。

機種は現在だとオリンパスのPENライト6だそうなのでオリンパスのミラーレスが欲しい人にはもってこいの機種ですね。

レンタルカメラを含めると39800円(税込)となります。

決して安くはないですがちゃんと質問も出来るので一人で覚えるより覚えやすいですよね。

私の周りにいる人で独学でカメラをやっている人の8割以上がカメラの自動設定(オート)で撮影しているのでホントにもったいなと感じています。

いやいや、花火とか、スポーツシーンはさすがにそれじゃ撮れないでしょwwっていつも苦笑いしながら指導してあげています。

8年間カメラをやってきた私の感覚としてはカメラを「遊び」ではなく「趣味以上」にしたい方は最初から何かしらの学びを受けたほうが良いと思います。

最初に自動設定(オート)でスタートさせてしまうとそれでも問題なく撮影できてしまうので伸びしろがなくなってしまうと思うんですよね。

スポンサーリンク


クックパッドグループの習い事サービス「サイタ」が運営するカメラ教室

ちなみにカメラのレンタルサービスをしている会社もあるので、まだ買うのには抵抗がある方や年に数回程度しか使う予定ないけど、子供の運動会はちゃんとしたカメラで撮りたい!!なんて人は利用してみてはいかがでしょうか?

カメラレンタル特集!【ReReレンタル】

あなたの人生が最高の撮影シーンです

かっこつけた言葉でいうとあなたの人生の全てがシャッターチャンス。

それくらいカメラって人生のどんなシーンにでも登場するツールなんですよね。

カメラってミラーレスで4万円〜7万円くらい。

一眼レフカメラで6万〜10万円くらい。

一見ちょっと高そうな金額ですが長いこと使えるので長い目でみると1日10円もしないハズです。

よっぽど水に浸したり、落としたりしない限りそこまで壊れるものじゃないと思います。

そしてその1日10円程度の自分への投資で撮影したシーン、時間っていつかあなたの「宝物」になると思うんですよね。

実は、私1年前からマルプーを飼い始めました。

愛犬のころん

愛犬のころん

これが家に来た当時、生後約2か月。

次が生後4か月。

愛犬のころん

愛犬のころん

生後11か月。

愛犬とドライブ

愛犬とドライブ

生後13ヶ月。

こんな感じで愛犬との思い出が私の宝物になっています。

アイスデリ

アイスデリ

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

こう見ると健康にすくすく育ってくれています。

ペットを撮るのに最適なカメラを考えてみたブログ

当時500gくらいしかなかったのが今は2.04kgです。

スマホで撮ればいいじゃん!!って意見もあるとおもいますがそう思う人はそれでいいと思います。

私の感覚ですが一眼レフカメラで撮った写真って「価値」があると思うんですよね。

それはあくまで「撮った人にとって価値」であって他人からしたらスマホでも一眼レフでも同じ写真かもしれません。

でもおそらく「スマホの写真ってなかなか残っていないハズ」です。

残っていてもスマホの中に残っているだけじゃないですか?

特にデータとして整理や管理していませんよね?

スマホの写真ってどんどんスマホに溜まっていくけどそれ以上のものではないんですよね。(もちろん人にもよりますけど)

しかし一眼レフを使っている人って多くの人が「パソコンに保存」をしていてその中のお気に入りをスマホに同期させ必要があれば私のように愛犬の写真を他の人に見てもらったり美味しかったものの写真をシェアして楽しんでいるんですよね。

ちなみに私の父のような年齢(65歳くらい)の人はSDカードが保存媒体だと思っていてSDカードの中にずーっと大切に保存してますけどw

きっと父はSDカードがいっぱいになったら新しいSDカードを買うのだと思います 苦笑

立体感シズル感が伝わるのが一眼レフのいいところ?

この立体感、シズル感はスマホでは出ませんよね。

ま、あくまで「感覚」なのでなんとも言えないのですがw

高倉町珈琲 マンゴーパンケーキ

高倉町珈琲 マンゴーパンケーキ

つまり「写真」と一言で言っても今まで撮っていたスマホの写真の価値よりも一眼レフで撮った写真の価値の方があがると思います。

ま、これはあくまで感覚的なものなので絶対ではありませんが私の場合は全ての写真の思い出が宝物なことには間違いありません。

一眼レフを買ってからインスタグラムのフォローワーが増えた

インスタグラムの中にはリアルな友達はほぼいません。

全てインスタグラムの中でつながった人たちです。

わたしの場合相手から友達申請してくれることが多く理由は「写真がきれい」「おいしそうな写真」って言われることが多いです。

実際見てもらうと分かりますがやはり同じ日常でスマホで撮った写真とは全然違いますのでインスタグラムで友達増やしたい方も一眼レフ使ってみるといいとおもますよ。

わたしのインスタグラムのページ

コミュニケーションが苦手な私でも人と繋がれた

言葉では言い表せないのですが・・・写真を撮るようになってから私の人生が少し変わった気がするんですよね。

スマホが普及して写真を撮ることが非常に増えたのでカメラに関して人とコミニュケーションを取ることが増えました。

そこでカメラの知識やカメラの撮り方がうまいと人から敬ってもらえるんですよね。

カメラを初めてすごく私の人生は豊かになりました^^

やっぱり写真ってこうやっていろんな人と思い出を共有できるので素敵です。

現に私は神奈川に住んでいますが遠くに住んでいるあなたに私の存在を少しですが知ってもらえてます。

私がカメラを初めていなけらばあなたに出会うこともなかったハズですよね。

うさぎ島

うさぎ島

ピスタチオ

ピスタチオ

みさきまぐろきっぷ

みさきまぐろきっぷ

一眼レフ

一眼レフ

キャトルエピス

キャトルエピス

小樽 旅行

小樽 旅行

アボカドバーガー

アボカドバーガー

ペンライト8が発売されたのでテスト撮影をしてきた!のブログ

そもそもデジタルカメラを買う理由

最近、会社の子にカメラが欲しいって相談され、夏休み前に買わなくていいの?なんて会話をしていました。

すると、「水中でも撮れる写ルンですがあるのでそれを買おうかなって」。

いまこんなん出てるんですね。

で、私は言いました。

「夏の思い出は27枚で足りるのですか?」

はい、ちょっとかっこいい 笑

この写ルンです27枚撮りなんですが、これ1台では27枚しか撮れません。

もちろん27枚のうち何枚が成功写真か現像してみないとわかりませんし。

100枚とるにしても7000円以上のカメラ代がかかりそれに現像代も上乗せ。

私は一回の旅行だと500枚から1000枚は写真を撮り年2回は旅行に行くので、そう考えるとデジカメを買ってしまったほうが圧倒的に安いんですよね。

つまりデジカメって結果的に今までのフィルムカメラよりも圧倒的にコスパが良いんですよね。

なのでいろんな人が使いやすくなったのだと思います。

もちろんデジタルカメラでは撮れないフィルムカメラ特有の写真が好みの方もいるのでそういう方はフィルムカメラを使ったほうが良いと思いますがそうではない方はデジタルカメラを買ったほうが圧倒的に安いです。

仮にカメラを3年使ったとしたら10万円のカメラだとしても1日あたり92円もしないんですよね。

なので2泊3日の旅行だと300円もしていないのです。(ちょっと極端な例えですがw)

カメラも良いお値段するので目先の事だけ考えると購入を躊躇しますが、長い目を見ると意外と高くないものだと8年カメラをやっているとそう感じます。

スポンサーリンク

追記

2016年9月8日発売のすんばらしいカメラを購入

本体18万。

レンズ9万

総額27万です 涙

でもね、本当にそれくらい素晴らしいカメラだと思うしなんといっても本当にカメラが好きなんですよ。

カメラ選びを失敗しない12個の心構えを考えてみたブログ

オリンパスの新作PENライト8と7を比較してみた!のブログ

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 ボディ X-T2-B
富士フイルム (2016-09-08)
価格 約17万円
FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角
富士フイルム (2013-10-12)
価格 約9万円
FUJIFILM XT-2

FUJIFILM XT-2

いつも以上にイケメンになっております。

このカメラ超超オススメ。

かなり高価ですけどねw

吉祥 銀座本店

吉祥 銀座本店

FUJIFILM X-T2

FUJIFILM X-T2

ル・ロマン

ル・ロマン

宮ヶ瀬ダム イルミネーション

宮ヶ瀬ダム イルミネーション

宮ヶ瀬ダム イルミネーション

宮ヶ瀬ダム イルミネーション

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

マザー牧場 FUJIFILM X-T2

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

2017年ディズニーシーイースタースペシャルイベント

2017年8月10日に初心者用のフルサイズカメラが登場?

カメラをやっている人間としてはセンサーサイズの大きなフルサイズのカメラを最終目標にする方が多いのですが、今まではそのフルサイズ機は割と中級者以上向けのラインナップしかなったんですよね。

しかし今回キャノンから発表されたフルサイズのカメラは「初心者用のフルサイズカメラ」のような位置づけだと感じました。

簡単に言うと液晶が自撮り対応のフルサイズカメラなんですよね。

今までのフルサイズのカメラって自撮りできるラインナップって私の記憶の中にはないんですよね。(もしあったらすみません)

でもカメラのオートフォーカスエリアとか連射スピードに関してはそこまで高性能なものではない感じなので、あくまで入門カメラに近いフルサイズカメラと感じます。

これからカメラを本気で初めてみようかな?って人にはとてもいい機種だと思ったので追記しました。

オリンパスはつぶれないカメラメーカー??

ちょっとこれは余談です。

最近カメラ業界も、カメラが売れなくなってきたとニュースになったりもしますが、オリンパスに限っては心配しなくても大丈夫なのかもしれません。

オリンパス株式会社の売り上げの大きなシェアを占めている分野をご存じですか?

それは、医療分野なんです。

オリンパスの売り上げの70%が医療分野なんですって。

1950年、オリンパスは世界で初めて胃カメラの実用化に成功したそうです。

ですからオリンパスのカメラの技術は医療分野のカメラから受け継ぎでいるかもしれませんね。

オリンパスの小さくてコンパクトというカメラのコンセプトは会社全体での使命なのかもしれませんね。

写真初心者向けのツアーもあるみたいです

このツアーを見つけたのは2017年7月で最近の事なんですが、クラブツーリズムでは写真家と一緒に写真を撮りに行くというツアーをやっています。

「テーマ旅行を探る → 写真ツアーを探す」でいろんな写真専用のツアーがありますので写真の撮り方を教わりなら旅出来るのはいいかもしれませんね。

日帰りも宿泊もあって結構種類が多い印象です。

羽田の飛行機撮影に興味あるので今度申し込みしてみようと思います!

企業の宣伝に引っ張りだこ?

今日「シューイチ」でインスタグラマーについての特集をしていました。

その人は3万人ちょっとのフォロワーがいるのですが、企業とのコラボ企画だと1フォロワー1円が相場で1投稿あたり3万円の収入があるそうです。

それを1ヶ月10投稿すると月30万円程度の収入がインスタだけであるんですって。

ちょっと羨ましいなと思いました。

実は私、最近デジタルハリウッドとというスクールに通いだしました。

動画を学んでいます。

で、やはり動画についても企業コラボがあって再生数、フォロワー数によって報酬がもらえるんです。

つまり、今の時代写真や映像を使って企業や商品を宣伝することによって「素人でも」報酬が得られる時代なんだなって強く感じています。

さらには学生の就職活動でも「フォロワー数が多い=流行などのアンテナ力が高い」とみなされて就職活動に有利に働くこともあるんですって。

あ、ちなみに私このブログのおかげで就職が有利にすすみ実際に転職活動を大成功させました。

  • 写真を撮る。
  • 写真で被写体の魅力をしっかりと伝えられる。
  • SNSなどによって情報を発信できる。

自分で言うのもおこがましいですが、今あなたにこのブログを読んでもらっているというWebの技術は商品紹介だったり商品の宣伝になり会社にとってはとても有効なんですよね。

情報化社会の今、情報を自分で発信できことはとても魅力的な能力だと思います。

ほとんどの場合そこには「カメラ」が登場しているのでやはり今の時代カメラを取り扱えることはプラスに働くと思っています。

なので、カメラを遊びで初めて見るのもとても楽しいのですが、もしあなたが就職活動を控えている学生だったり自分から情報を発信して何か影響を与えられるような存在になりたいなと少しでも思うのであれば是非カメラを初めてみてはいかがでしょうか。

インスタグラマーや私?のようにあなたの人生も良い意味で変化するかもしれませんよ。

オリンパスのカメラを買ったほうがいい人、買わない方がいい人

オリンパスのカメラの性能的な部分で買った方がいい人、買わない方がいい人を私なりにまとめます。

オリンパスのカメラを買ったほうがいいと思う人

  • 写真の用途はSNSや趣味で使う程度。
  • 撮影は基本的に明るい場所が多い。
  • 普段から持ち運ぶことが多い
  • いろんなレンズを試してみたい。

上記内容にほとんどに当てはまるならオリンパスのカメラはあなたにあっているカメラだと思います。

オリンパスのカメラを買わないほうがいいと思う人

  • 将来写真でお金を稼ごうと思っている。
  • 撮った写真を拡大して使用すること多いがある。
  • 夜間やあまり明るくない室内や場所で撮ることが多い。
  • Web等で撮った写真を販売したい。
  • 上記内容にほとんどに当てはまるならオリンパスのカメラはあなたにあっていないカメラだと思います。

    どのメーカーのカメラを使おうがカメラを買ったらみんなカメラ仲間です!!

    カメラを買ってしまったらどのカメラを使っているかなんて関係ありません。

    カメラを買ったら是非あなたのお気に入りのお店に行ってみてください!

    そしていつも食べているものをとびっきり美味しく撮ってみてください!

    レストラン サン・マロー

    レストラン サン・マロー

    撮ってみると分かります。

    もっとうまく撮りたい、もっと美味しそうに撮りたい、もっと素敵なものが撮りたい。

    2015 宮ヶ瀬ダムイルミネーション

    2015 宮ヶ瀬ダムイルミネーション

    愛犬とドライブ

    愛犬とドライブ

    そんな気持ちでカメラ初めて8年が経ちました。

    愛犬とドライブ

    愛犬とドライブ

    カメラを初めて色んな出会いがあり今日もあなた出会えました。

    カメラはどんなシーンにでも登場するとてもいい趣味だと思います。

    ただ、ある程度知識が求められる趣味なのでハードルは決して低くはないのも事実です。

    ですから今日はあなたの中でそのハードルが少しでも低くなってもらえてましたら嬉しい限りです。

    カメラが10倍楽しくなるマニュアモードについて解説しているブログもありますので興味があればお読みくだい。

    これからカメラを買おうと思っている方に読んでほしいブログ

    長い時間最後まで読んでいただきまして本当にありがとうございました!!

    A8.netが運営するファンブログ

    今年の夏休みもカメラを持ってぜひいい思い出を残してくださいね!!

    オリンパス関連ブログ

    オリンパスPEN Lite E-PL7を格安で購入するには?のブログ

    E-PL8(ペンライト8)の作例!カメラ屋でテスト撮影のブログ

    オリンパスの新機種PEN-ライト8【E-PL8】をE-PL7と比べて見たのブログ

    オリンパスのOM-D E-M1 Mark IIを少しだけ試し撮りしてきたのブログ

    オリンパスのミラーレス機種選び【初心者・入門者編】のブログ

    オリンパスのカメラニュース

    【点検がお済みでないお客さまへ】フィルムカメラIZM200/210/220PANORAMA/230ZoomとAF-1TWIN の重要なお知らせ

    2017-07-20
    【点検がお済みでないお客さまへ】35mmフィルムカメラIZM200/210/220PANORAMA/230ZoomおよびAF-1 TWINをご愛用のお客さまへ重要なお知らせ専用ページ

    2017年夏季休暇中のカメラ・オーディオ製品サポートサービスについて

    2017-07-19
    2017年夏季休暇中のカメラ・オーディオ製品サポートサービスについて専用ページ

    オリンパスプラザ大阪・福岡サービスステーション「デジタルカメラメンテナンス講座」【2017年8月開催】

    2017-07-18
    オリンパスプラザ大阪、福岡サービスステーション「デジタルカメラメンテナンス講座」実施のお知らせ専用ページ

    オリンパスプラザ大阪「防水プロテクターメンテナンス講座」【2017年8月開催】

    2017-07-18
    オリンパスプラザ大阪「防水プロテクターメンテナンス講座」実施のお知らせ専用ページ

    平成29年7月5日からの大雨に伴い被災したオリンパス製品の修理特別対応について

    2017-07-06

    このたびの大雨により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
    一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

    ご愛用のオリンパス製品 ( カメラ、オーディオなど ) が今回の災害で故障した場合には、修理料金を特別割引にて対応させていただきます。

    平成29年7月5日からの大雨に伴い被災したオリンパス製品の修理特別対応について専用ページ

    E-M1 Mark II(Ver1.3)/ PEN-F(Ver2.1)ファームウェアアップデート公開

    2017-06-26
    E-M1 Mark II(Ver1.3)/ PEN-F(Ver2.1)ファームウェアアップデート公開専用ページ

    厳しい環境下でも高画質を実現するフィールドセンサーシステムを搭載した「OLYMPUS Tough TG-5」を発売

    2017
    高画質タフカメラの決定版。撮影の軌跡を記録して臨場感を再現できるTG-5。

    山や海、岩場、雪の中など、どんな過酷な状況でも使用できるタフシリーズ。その最高峰となるTG-5は、新開発のイメージセンサーと、最新の画像処理エンジンTruePic VIIIを搭載し、画質が大幅に向上しました。スマートフォンで撮影状況を再現できるフィールドセンサーシステムも搭載。登山やダイビングといったアクティビティの楽しみがさらに広がるカメラです。

    OLYMPUS Tough TG-5専用ページ

    カメラグランプリ2017オリンパス三冠受賞 OM-D E-M1 Mark II受賞記念キャンペーン

    Aコース:2017年6月10日(土)~2017年8月31日(木)
    Bコース:2016年11月18日(金)~2017年8月31日(木)
    Aコース リチウムイオン電池orSDカード32GBが必ず貰える。
    Bコース 抽選で3000名に2017端光ストラップ。
    カメラグランプリ2017オリンパス三冠受賞 OM-D E-M1 Mark II受賞記念キャンペーン専用ページ

    OLYMPUS PEN E-PL8と夏旅!キャンペーン

    2017年6月10日(土)~2017年8月31日(木)
    リチウムイオン電池or本革ボディージャケットが必ず貰える
    OLYMPUS PEN E-PL8と夏旅!キャンペーン専用ページ

    この記事で使っているカメラとレンズです。

    FUJIFILM、XT2の感想を書いたブログ

    オリンパスのミラーレスは初心者には最高のカメラレビューワー: げるしー
    9月4日オリンパスのミラーレスについてのお話でした。
    1台目、普段街歩きで持ち歩くカメラとしては申し分ないと思います。レンズの種類が多いのもgoood。でもプロを目指すならキャノンやニコン、ソニーがおすすめかな?

    評価:4.2

    評価者数(私と嫁)2

    素人の私が年100万円以上の稼ぎ出し続ける相棒カメラ。それが富士フィルムXT2
    351,915 views

    売切れ必至!?8月17日にドンキから4980円のアクションカメラが登場!のブログ

    インスタのネタにもなる記事 インスタを見る

    カメラと大人の趣味ブログ人気カテゴリ

    関連記事

    関連カテゴリ[オリンパス, カメラ] 351,915 views

    Amazon売上ランキング

    アマゾンミラーレスランキングTOP3
    2017年7月28日更新

    アマゾンミラーレスランキング1位

    アマゾンミラーレスランキング2位

    アマゾンミラーレスランキング3位


    アマゾン一眼レフランキングTOP3
    2017年7月28日更新

    アマゾン一眼レフランキング1位

    アマゾン一眼レフランキング2位

    アマゾン一眼レフランキング3位


    ソニーのカメラが使いやすい理由のブログ


    27 Responses to “オリンパスのミラーレスカメラのオススメは?買う前に必ず読んで欲しい事。”

    1. 駆け出しカメラ紹介女子 より:

      はじめまして、こんばんは。
      友人のカメラ選びを手伝って情報を集めており、こちらのページを拝見しました。
      初心者に共感しやすい話運びで面白く読ませていただきました。
      しかし、数点気になる部分がございました。

      まず、「ゆくゆくは一眼レフカメラを」の辺りで、
      マイクロフォーサーズ(以下m4/3)レンズを一眼レフで使用できるととれる文面でしたが、
      m4/3マウントの一眼レフカメラは少なくとも現行品では存在しないと思います。
      情報も見つからず、気になるので機種を教えて頂けませんか?

      また、PL6などのPENライトシリーズに付属するレンズは最短撮影距離がそこそこ良い、テーブルフォトの撮れるレンズのように店頭では感じましたが、風景・遠景向きなのでしょうか?
      アフィリエイトの為とは存じておりますが、全く比較にできない風景写真と近接撮影を並べるのは、初心者相手という事を考えると少々卑怯だと思います。
      実感をお聞きできれば幸いです。

      あと、旧機種をお勧めする為にあえて省かれていたのかもしれませんが、メーカーで一括りにされていたのが気になったので、序でに書かせていただきます。
      手ぶれ補正については、オリンパスがほぼ全てのミラーレスにボディ内手ぶれ補正をつけているのに対して、PanasonicではGX7・GX8以外はレンズ内手ぶれ補正なので、手ぶれ補正の効かないボディとレンズを揃えると補正がなくなります。
      私自身はミラーレス機先駆けのLUMIXユーザーなのですが、Olympusのボディ内手ぶれ補正はレンズが軽くて羨ましいですね。
      長々と失礼しました。

      • gerushi- より:

        駆け出しカメラ紹介女子様

        わざわざコメントありがとうございます。

        マイクロフォーサーズ(以下m4/3)レンズを一眼レフで使用できるととれる文面でしたが、m4/3マウントの一眼レフカメラは少なくとも現行品では存在しないと思います。情報も見つからず、気になるので機種を教えて頂けませんか?

        語弊がある表現になってしまい、わかりずらくて申し訳なかったのですが「ミラーレスから一眼レフカメラ」の部分は「ミラーレス(PEN等)から一眼カメラ(OMD等)」という意味となります。

        確かに駆け出しカメラ紹介女子様のように感じる方もいると思いましたので書き直しました。

        ご指摘ありがとうございます。

        PL6などのPENライトシリーズに付属するレンズは最短撮影距離がそこそこ良い、テーブルフォトの撮れるレンズのように店頭では感じましたが、風景・遠景向きなのでしょうか?

        ここに関しては完全に私の好みとなってしまうお話ですが14mmでF3.5でテーブルフォトは撮れるけれどもあくまで自分の理想とする写真は撮りにくいと言う意味になります。

        付属のレンズは最大撮影倍率 0.23倍ということですので10cmのものが最大でも2.3cmで表現されてしまいますのでおかず一品の写真のしずる感を伝えるのではなくお盆や周りの風景も入れながら料理全体のテーブルフォトを撮るという意味では適していると思います。

        もう一つこれも私の経験上の話ですがカメラ売り場は照明が明るくてF3.5でも問題ありませんが一般的な飲食店の照明ですとF3.5では暗くて撮影が難しかったのでこのような表現になりました。

        全く比較にできない風景写真と近接撮影を並べるのは、初心者相手という事を考えると少々卑怯だと思います。

        この写真はわかりやすいようにと思って後日追加で掲載したのですが・・・・そのように感じるのであれば掲載しないほうがいいみたいですね。

        写真は削除いたします。 

        ご意見ありがとうございました。

        あと、旧機種をお勧めする為にあえて省かれていたのかもしれませんが、メーカーで一括りにされていたのが気になったので、序でに書かせていただきます。

        これはタイトルとしてオリンパスとして謳っているのでオリンパスがメインとさせていただいておりますのでご理解いだたけますと幸いです。
        そしてLUMIXのご丁寧なご説明ありがとうございました。

        私の知っている知識がいろんな人に読んでもらえたら嬉しいなと思って書いたブログですが多くの方に読んでもらっており驚いています。

        多くの人に読んでもらっているので誤解を与えないような表現にしていきます。

        ご指摘ありがとうございました。

        また何か誤った情報ありましたご指定くださいませ。

        • 駆け出しカメラ紹介女子 より:

          丁寧な返信をありがとうございます。

          標準レンズの実感の実感について、とても参考になります。
          おっしゃる通り、店頭では明るさも被写体も、実際に持ち出して撮影する場合の参考になりにくいと思います。
          プロのような方のレンズのレビューも中々参考にならないので、
          普通に使われている方の実感をお聞きできると、とてもありがたいです。

          m4/3の一眼カメラとはOM-Dだったんですね。
          成程、納得いたしました。
          (OM-Dもミラーレス一眼カメラに分類されるので、単純にPENの上位機種と言われた方がわかりやすかったかなと思いました)

          前のコメントでは、
          文の長さや表現に悩み、推敲を重ねたつもりだったのですが、
          随所慇懃無礼な様になっていて反省しておりました。
          (フォローで入れたつもりの文がそのように働いていなかったり、語調が強すぎたり)
          そんな中
          丁寧な返信と記事の文面の見直しに、改めて感謝いたします。

          • gerushi- より:

            駆け出しカメラ紹介女子様

            色々ありがとうございました。

            駆け出しカメラ紹介女子様の助言のおかげで他の方にも分かりやすい内容で書き直せたと思います。

            まだまだ私も勉強不足ですのでご指導いただけましたら幸いです。

            ありがとうございました。

    2. メロン より:

      はじめまして。コメント失礼します。
      自分は今、CanonのkissX7を使用しています。どこかへ出かけるたびに持ち歩いているのですが、最近小さくて身軽なミラーレスカメラがほしいと思うようになりました。正直、デザイン重視です。オリンパスや富士フィルムのシルバーがいいな、と思うのですが、PENシリーズならE-P5がいいなと思いました。しかし、EVFがついているものがいいなと思い、O-MDシリーズがいいかな、と思い始めました。しかし、価格も物も何をみればいいか全くわからず、悩んでいます。おすすめがあれば、教えていただきたいです。よろしくお願いします。

      • gerushi- より:

        メロンさん

        こんにちは!

        コメントありがとうございます。

        完全に私の好みの話になってしまうのであくまで参考意見として聞いてもらえたら良いと思います。

        今はkissX7使っているのですね!王道で良いカメラですね!

        やはり一眼レフを最初に持つと「もっと軽くていつも持ち歩けるものがいい」って気持ちになりますよね。

        まさに私もそうでした。

        で、結論的に言うと2パターンあると思います。

        ▪️1つ目のパターン
        現在のセンサーサイズがAPS-Cなので個人的はセンサーサイズを小さいくはしたくないので、今売られている機種のEVFでAPS-Cの機種って富士フィルムの「X-T1」って機種とSONYのα77Ⅱだけなのかな?

        α77は重そうなので私が買うとしたらX-T1を買うと思います。

        X−T1はも重さは軽くはないのでkissX7とそこまで変わらないと思うので身軽って意味ではマイナスですね。

        重さを気にしなければ個人的にはX−T1のデザインなど個人的には好みであります。

        もう一つのパターンは軽さと見た目のデザインの重視案でPENもしくはO-MDですかね。

        O-MDはEVFが付いていて良いと思うのですが、わざわざ今まで使っていたセンサーよりも小さいのに10万円以上出す必要はないのかな?と思ったりもします。

        画質が下がるカメラを今のカメラよりも高いお金を出して買うって言う事ですからね。

        そう考えると値段的、デザイン的に一番メロンさんにあっているのはE-P5だと感じます。

        画質やカメラとしてのトータルを選ぶのであれば富士フィルムのX−T1。

        それよりも軽さや重さ、価格重視であればオリンパスE-P5って感じだと思います!

        芯をついたアドバイスができなくて申し訳ないのですが私のアドバイスとしてはこんな感じです!
        参考にしてもらえましたら幸いです。

    3. みけ より:

      こんにちは!
      PENユーザーです。
      ユーザーと名乗るほど、使いこなせてるわけでもないのですが、2歳の娘の成長記録と、地元の沖縄の風景、大好きな雑貨の写真などを楽しく撮っている感じです。

      2年前に購入し、合わせて本やネットで最低限の勉強をしましたが、咄嗟には活用できずオートに頼りきりです汗

      ただ、構図などを考えるのが最高に楽しく、小さなフォトコンテストで入賞もいただくこともできました!(その時もオート(笑))

      そのおかげで、やっぱり写真が好きだなと実感したので、また勉強しなおす、レンズを買い足す、いずれは一眼レフを…!と思い、ネット見てるとこちらに行き着きました!

      難しい言葉がたくさん出てきて目がくらみましたが、やっぱり新しい情報はキラキラしていました!

      まずは単焦点レンズ買い足して、また写真を楽しんでみたいと思いました♪♪

      内容の薄いコメントですみません汗

      • gerushi- より:

        みけ様

        わざわざコメントありがとうございます!

        出来る限り分かりやすい言葉で書いているつもりがそれでも難しいですよねw

        そして自分が書きたいことを書いているので何を言いたいのか意味不明になりつつありますw

        カメラを撮る上で短焦点レンズは背景がボケやすかったり、近くまで寄って撮れるのでとても楽しく写真の幅が広がりますよ!

        35mm程度のレンズが良いと思いますので是非楽しんでくださいね!

        沖縄の素敵な雰囲気を写真に撮れるなんてとてもうらやましいです。。。

    4. ぱんだ より:

      コメント失礼します。
      知識としてはど素人でイベント等で見かける「カメラ」に憧れて購入を考えていた私にはとてもためになる記事でした!
      今後旅行やイベントで使用していきたいと思うので持ち運びに楽なミラーレス機の購入を考えております。そしてミラーレス機と言えばOLYMPUS!と聞いたのとレンズが多いとの事でOLYMPUSのPEN E-P5かOM-D E-M10が今一番気になっています。
      初めはファインダーもありデザインがかっこよいE-M10がいいなと思っていましたが、記事を拝見し自撮り機能があり画質は一緒でE-M10より低価格な面でE-P5も魅力的だなと思いだしました。
      悩んでいるうちにカメラに無知で使用頻度のあまり多くない私にはE-M10は勿体無いのでは?
      でも長い目で見るとE-M10の方がいいのかな?とますます迷ってしまいました。
      そこでもしよろしければアドバイス頂けないでしょうか?
      使用頻度は旅行、イベント等で余り多くはありません。
      使用場所は室内外で使用したいと思っております。
      Twitterにあげたり、iPhoneで見たりが主になるかと思います。
      購入は中古を考えております。
      これらを踏まえてE-M10とE-P5どちらがよいかご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いします。

      • gerushi- より:

        ぱんださん

        こんにちは!

        コメントありがとうございます。
        カメラ選びはホントに難しいですよね。

        持ち運びが苦でないのであればE-M10の方がいいと思います。

        ただレンズの違いがあるみたいですね。
        E-P5には「本体+14mm-42mm」と「本体+単焦点レンズセット」の2種類がありますが
        E-M10だと「本体+14mm-42mm」のセットしかなさそうです。

        室内での撮影を考えるとE-P5「本体+単焦点レンズセット」のレンズがf1.8とかなり明るいレンズので割と室内にも強いです。

        「本体+14mm-42mm」のレンズは若干望遠撮影ができますがf3.5と正直暗いレンズだと感じます。

        運動会やスポーツの撮影でないかぎり望遠はなくても問題ないとおもうので私であればE-P5の「本体+単焦点レンズセット」を買います。
        もちろんお金に余裕があればE-M10の「本体+14mm-42mm」+単焦点レンズを買います。

        カメラ本体は私はE-M10が好きですが予算と室内での撮影を考えるとE-P5の「本体+単焦点レンズセット」になるのかなって思いました。

        あくまで正解ではないのですが参考にしてもらえましたら幸いです。

        またいつでもコメントください!

    5. オリおっさん(今はキヤノン使い) より:

      楽しく拝見させてもらいました
      旧ズイコーレンズ持ちとしてOLYMPUSしか選択肢にありませんでしたが
      やはりトップ2のフルサイズ機には見劣りしますね
      でもOM-Dでは処理技術で大分差を詰めてきたと思います
      E-300は本当にケータイカメラの延長でしたから…
      流石光学機器のトップメーカーだと感心しましたわ
      でもそんな無理をせずにフォーサーズ縛り辞めたら良いのに
      米谷さんがバリバリの現役だったらEシリーズの時点でフルサイズ超小型化を推進してたと思います

      気になったのが
      >外見は日産だけど実はエンジンはTOYOTA製なんです。的な。
      フランス企業の傘下になったけど日産はプライドが高いからその例えは嫌だなあ
      アメリカ向けに一時トヨタハイブリッドシステムを購入してた次期はあったけどさ
      まあ例えなんでしょうけどね…
      心臓部をトヨタから供給されるくらいならいっそ潰してくれと言うのが本音
      まあそういう例えなんでしょうけど…
      うん、キアの外観にヒュンダイのエンジンに書き換えてくれると誰も傷つかない!
      でも誰も分からない例えになる…ブログって難しいですね、やっぱそのままで良いです

      世界がビビった固形燃料ロケットIHIイプシロン(長期保存可能でサクサク撃てるICBM)
      の原型は日産M-Vですしぃ!!

      • gerushi- より:

        オリおっさん(今はキヤノン使い)様

        コメントありがとうございます!

        私のような知識も経験も浅い人間の書いたブログはオリおっさん(今はキヤノン使い)様のような玄人にとっては物足りないものと重々承知しております。。。

        オリおっさん(今はキヤノン使い)様の車のエンジン部のたとえはちょっと私には高度過ぎて・・・w

        このブログも多くの人に理解していただけるように200回近く書き直ししていますがなかなか万人に納得してもらえるように書くのは難しいですね。

        一人でも多くの方にカメラを理解して貰って楽しんでもらえたらなと思って書いているのでまた何かアドバイスありましたらご教授くださいますと幸いです!

    6. こそら より:

      突然の質問すいません 全くのカメラ初心者です 星空の写真に憧れてます 星空の綺麗に撮れるミラーレスカメラ教えて下さい みんな使ってるオリンパスがいいのかと思い ヨドバシカメラ行って見てきたのですが性能がさっぱりわかりませんでした

      • gerushi- より:

        こそら様

        コメントありがとうございます。

        星空に関してはカメラの性能というよりどちらかというよりテクニックだと思いますのでどのミラーレスでもいいと感じます。

        ただ星空は「手持ち撮影」では取れないので「三脚」が必ず必要になります。

        特にこだわりがなけらば軽くて安いこんな三脚でいいのではないでしょうか?

        【Amazon.co.jp限定】 Fotopro 三脚 DIGI-204 GM 4段 小型 3WAY雲台 アルミ製 ガンメタリック DIGI-204GM

        星空は三脚がないと撮れないので絶対に三脚は買ってください。

        それとレンズはレンズキットで付属しているもので問題ありませんがもしさらにこだわるのであれば以下のようなレンズのほうがよりいい写真が撮れるかもしれません。

        でも初心者ということなのでとりあえず三脚とレンズキットを買って何回か撮影を試してみて不満であればレンズを買い足すという選択でいいと思います。

        OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 ブラック

        ◆強いてカメラを選ぶのであれば

        基本的にカメラは「明るいほうが」簡単に綺麗に写真が撮れるといわれています。

        つまりオリンパスのミラーレスよりも、SONYや富士フィルムのミラーレスのほうが明るく撮れます。

        ですから星空の撮影のおすすめはSONYや富士フィルムのカメラのほうがいいとは思います。

        ただ、オリンパスのカメラとSONYや富士フィルムカメラで画質がすごい違うのかとA4サイズとかで「印刷」しないのであればさほど変わりません。

        つまりA4サイズとかで「印刷」するのであればSONYや富士フィルムカメラが良い。

        SONY α5000 パワーズームレンズキット(ブラック/デジタル一眼)

        FUJIFILM ミラーレス一眼 X-A2 ダブルズームレンズキット シルバー X-A2S1650II/50230II

        しないのであれば最初に検討していたオリンパスのカメラでいいのではないでしょうか?

        OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 EZレンズキット ブラックE-PL6 EZ LKIT BLK

        ちなみに上記のリンクでSONYやオリンパスは最新のカメラではないのですが特に最新である必要でなけらば一個古いモデルのほうが安いのでそっちのほうがいいと思います。

        お店で買うのであれば最新モデルしか売っていないので少し高くなると思います。

        ◆星空撮影のテクニック

        星空の撮影は「オートモード」では撮ることはできません。

        つまり設定は全て自分で行う必要があるのですがここでそれを伝えるのは不可能に近いので専門の書籍を買ったほうがいいと思います。

        星・月・夜空の撮影術 (玄光社MOOK)

        とにかく「夜景と星空」は難易度が一番難しいのです。

        難しい撮影ではありますが綺麗に撮れた時の達成感はすごくありますので是非諦めずテクニックを勉強してみてください。

        一度で成功するなんて思わず何回も失敗すると思うので少しずつカメラの楽しさを覚えていってくださいね!

    7. にこ より:

      はじめまして!
      高校生なのですがカメラを買おうと思っています。

      見た目から入りOLYMPUSがいいかな〜とずっと思っていて
      ネットで色々調べてみてpl6のダブルズームキットがオススメと書いてあったのですが
      どうですか??

      • gerushi- より:

        にこさん

        はじめまして。こんばんは。

        にこさんがカメラを使うシーンってどんなときですか?

        OLYMPUSpl6はレンズが優れているので風景撮ったり、料理撮ったりするテーブルフォトまでカバーする事が出来てとてもカメラだと思いますよ!

        上を見たらきりがないですが、初めて買うカメラ、価格もそこまで高くないのでとてもいいと思いますよ!

        pl6にはレンズが一本だけの「本体だけ」と「標準レンズキット」と「レンズが2本つくダブルズームキット」があります。

        ほとんどの人は「標準レンズキット」買いますが遠くを取るシーンがあるのであれば「レンズが2本つくダブルズームキット」の方がいいと思います。

        遠くとはあくまで目安ですが50mくらい先を取る事があるかって事ですかね。

        主にスポーツシーンで役に立ちますね。

        現在pl6は価格も下がってきているので買いのカメラだと思いますよ!

    8. mai より:

      はじめまして😊
      コメント失礼します!!

      今回カメラの購入を考えているのでこの記事を読ませていただきました!!素人のためいろんな記事を読めば読むほどわからなくなってしまいます。ぜひおすすめのカメラがあればと思いコメントさせていただきました💕

      わたしは社会人4年目で、旅行が趣味です。今年は北海道、沖縄県、能登半島の旅行を考えていて、旅行に行けば撮る写真は500枚ほどになることもあります。(iPhoneでの撮影になりますが…😂)日頃からも近くの山や渓谷に行って写真を撮ることもあります!!この程度の趣味なんですがどのカメラを選択したらいいでしょうか??デザイン性よりOLYMPUSのPENシリーズかCanonを考えていましたがこの記事を読んでPENシリーズで本当にいいのか…??とまた迷っています😂また、友人がOMD、SONYを持っていますがやはりSONYの写真はとても綺麗に感じました。Canonではそこまでいかないでしょうか??まとまらず申し訳ありませんがお返事いただければ幸いです!!

      • gerushi- より:

        maiさん

        コメントありがとうございます!

        SONYとCANONの画質は人によって感じ方が違うので方がキレイに さんがキレイだと思う方が正解なのでそこは自分の感覚を信じていいと思います。

        しいて言えば「そこまで画質に大差はない」って考えでいいと思います。

        ただ「SONYとCANON」と「オリンパス」の画質を比べてしまうと「SONYとCANON」のほうがきれいだと答える人のほうが多くなると思います。

        もし画質で選ばれるのでしたら「SONYかCANON」の方がいいと思います。

        さんは渓谷に行かれるということで「濡れる」シーンが多いのであればカメラも防塵、防滴でないと使えないので必然的にオリンパスのOMDになります。

        結果

        ・デザイン重視であればオリンパス
        ・画質重視であればならSONYかCANON
        ・防塵・防滴でならオリンパスのOMD
        ・価格と画質で選ぶならSONY
        ・レンズの多さで選ぶならCANON
        ・重量で選ぶならオリンパス(PEN)かSONY

        こんな感じでしょうか。

        この中の優先順位が高いものの中から選んでもらえればいいと思います。

        価格のイメージ。

        ミラーレス
        オリンパス 35000円位から100000円
        ソニー   35000円位から100000円
        キャノン  50000円位から100000円 

        ちなみに私はSONYのNEXシリーズ使っていましたが軽くて、画質良くて、そこまで高くないのでお勧めです!

        SONYはレンズは少ないのですがさんの使用目的であれば問題ないと思います。

        是非参考にしていただきましたら幸いです。

        またお気軽にコメントください。

    9. Zaki より:

      はじめまして!コメント失礼します。
      現在カメラ購入を考えている大学生です。
      いろいろなカメラについて様々な視点から比較されていて、非常に参考になりました。と、同時に悩みがより深くなってしまいました(^_^;

      今までは携帯のカメラで十分かなと思っていたのですが、この夏から留学することになり、これを機に良いカメラを買って綺麗な写真を残したいと思うようになりました。

      そこでいろいろと調べていたところ、携帯性の良さからミラーレスカメラがいいかなと思いました。また、デザイン的にオリンパスのOM-D E-M10 markⅡが気になっていました。ただ、書かれていたように防水・防塵がOM-Dシリーズの優位性であるのならば、この機能がついていないE-M10 markⅡはあまりおすすめできないのでしょうか?
      電子ファインダーがついているのは便利かなと思いました。値段が少し高いのも迷いどころです。
      もし他におすすめがあれば教えてください。
      用途としては風景や人を撮りたいです。

      • gerushi- より:

        Zaki様

        コメントありがとございます。

        OM-D E-M10 MarkII良いカメラですよね!

        レンズ入れて大体7万くらいですかね。

        人や風景を撮る上で私はファインダーが付いている方が便利だと思います。

        仮にカメラが大きく、重くなって良いのであればCanon EOS Kiss X7の方が断然安くて綺麗な写真が撮れます。

        ファインダーが付いてなくてもいいのであればSONY α5000が軽くて画質が綺麗で思います。

        留学先の治安なども考えての購入となると思いますが万が一留学先で壊れたり、盗まれたりしても良いとなるとどのカメラも画質は問題ないので一番安いカメラでいいのではないでしょうか?

        画質が綺麗なのはSONY α5000 パワーズームレンズキット(ホワイト/デジタル一眼)
        ですが見た目はOM-D E-M10 MarkIIだと思います!

        私は見た目で選ぶならOM-D E-M10 MarkII 1

        画質ならSONY α5000

        万が一壊れてもいいならSONY α5000ですね!

        答えがぶれぶれですみません 苦笑

        でもカメラを買うって楽しいですよね!!

        是非カメラ生活楽しんでくださいね!

    10. 突撃シェフ より:

      三章?表題

      日常性活がワンランクもツーランクも楽しくなる

      ×性活 ○生活

      どんな変換をしてるんですかねえ

    11. Fujimania より:

      X-A2は中級者上級者用ではなく、カメラの事何にも分かっていない初心者やミラーレス持てば満足っていう女子用カメラですよ笑

      なんか初心者に誤解を招く表記が非常に多いエントリだったんでついコメントしてしまいました。

      • gerushi- より:

        コメントありがとうございます。

        私自身もちょっと記事の内容に不明確な部分が多いのでいつかはリライトしかければと心がけておりますが出来ておりません。

        Fujimania様のおっしゃる通りだと思うので時間のある時にリライトいたします。

        わざわざご丁寧にご指摘ありがとうございます。

    12. yeah より:

      こんにちは。
      現在カメラを買おうか迷っているものです。記事とても参考になりました。ありがとうございます^ ^

      今迷っているのはcanonのm5とOLYMPUSのpenとこの記事を読みsonyとも迷っています。

      カメラを選ぶポイントは
      ・ファインダーがあるか(無くても◯)
      ・自撮りができる
      ・携帯でシャッターをきれる
      ・画質が綺麗(携帯のみで見ます)
      (インスタでpenの画質をみましたが、夜景以外は綺麗だなと感じました。)

      です。現在は仕事でpentaxのk5を使っていて画質やボケ感には満足しています。

      旅行先での景色や食べ物、自撮りをしたいのですがオススメのカメラはありますでしょうか(*_*)
      ボケ感が強い写真が好きなのでどのカメラを買ってもゆくゆくはF値の低いレンズを買う予定です。

      よろしくお願いします。

    13. yeah より:

      すみません、、

      重視することの追加です。
      ・軽さ
      (k5を1日使っていたら筋肉痛になりました)
      ・値段
      (画質同じであれば値段が安価なほうが良いです)
      ・友達と自撮りをして楽しみたい
      ・旅行先の景色や食べ物を綺麗に撮りたい

      以上です。
      よろしくお願いします(;ω;)

      ファインダーが付いているものは自撮りができないものが多い印象をうけています。その点canonのm5はファインダーもあって自撮りもできて良いと思います。

      Facebook拝見しました!
      とても写真が綺麗で、、そのような写真を撮れるようになりたいです^_^

      • gerushi- より:

        yeah様

        コメントありがとうございます。

        色々考えると・・・・m5α5100のどちらかで良いのではないでしょうか?

        持ち運びを考えると完全にα5100だと思います。

        m5って色々便利なカメラだと思うのですが唯一「大きくてかさばる」点が気になりますね。

        ペンはyeahさんの理想からすると、ボケ感が弱いので選択肢に入れない方がいいと感じます。

        m5とα5100で画質を比べるとあまり変わらないと思います。

        おそらくボケ感もどちらも似た様なものだと思います。

        レンズの種類はキャノンの方が多いと思いますがレンズの軽さはソニーの方が軽いです。

        ただレンズの種類はソニーは少ないです。

        でもソニーにもボケ感の強いレンズも出ているので結論・・・私ならα5100を買うと思います。

        なかなか難しい選択ですが私としてはこんな感じです。

        参考にしてもらえましたら幸いです!!

    コメントを残す

    このページの先頭へ