本気で痩せたいならダイエットにお金は使うな

3ステップだけで簡単な復元できる写真復旧ソフト
あなたはこの記事の 2,621人目の訪問者です。

みなさんこんにちは。

夏休みも終わって随分と涼しくなりましたね。

毎年夏は薄着、水着になる事が多くダイエットを決意されている方も多かったのではないでしょうか。

間違って消えてしまった写真・ビデオ等を丸ごと復旧
3ステップだけで簡単な復元できる写真復旧ソフト

私が思う選ぶべきダイエット

1ヶ月でウエストマイナス15cm!!

1ヶ月で体重マイナス10kg!!

こんな謳い文句でダイエット商材やサービスを売っている会社は多いですよね。

ダイエットで一番成功した人を見たってまず成功しない。

仕事をしている人で、特に顧客管理やアクセス解析など行っている人であればお分かりになると思いますがデータとは「平均」を示すものであり、一番良い数字を参考にノルマや目標を決めてもまず売り上げは上がりません。

ケーキって何月が一番売れるか分かりますか??

もちろん12月ですよね。

8月の5倍ほど売れるんですよね。

ではケーキの全く売れない夏場に「12月にあれだけ売れたんだから夏場だって頑張れば12月以上にケーキ売れるにきまっている!努力が足りないんだ!」って上司が言ってきたらどう思いますか?

その考え方無いわ~思いませんか?

一番良い数字だけしかみていなくて季節や他の要素を全く見ていない。

ダイエット業界って私はまさにこのやり方だと思うんですよね。

一番結果が良かった人の事例しか基本的には示さない。

成功したのは100人に1人。

もしかしたら1000人に1人レベルかもしれません。

それを「うちのジムの実績は1ヶ月でマイナス10kgさせました!」って。

嘘ではない。

嘘ではないけど、1000人に1人しか成功していない事をジムの実績として謳うってちょっと間違っていませんか?

そしてそれを公表しない。

ダイエット業界はかなりグレー

ダイエット出来るとか健康になれますって言うのは法律的に問題があって広告などに掲載する事は出来ません。

しかしダイエット効果がありますとか、健康増進効果がありますとであれば書く事が出来ます。

そのグレーゾーンでいかにお客さんから気を引いてもらえるかが大事で、そして気を引けたら先程の1000人に1人の最高の謳い文句を言う訳です。

基本的に胡散臭い

これはかなり私の考え方をストレートに言葉にしています。

はっきりいってダイエットのサプリメントやダイエット商材、月30万円もするようなスポーツジムの会費って胡散臭くないですか?

先程のデータの話になりますがこれを使った1000人のうち何人が何キロくらい痩せたのか。

月30万円でジムに通ったら月5000円のジムより何キロ多く痩せられるのか。

その提示が無くその場で一番良かった数字だけ見せるだけって私は信用できません。

多分、平的一ヶ月1kgも痩せていない

これは私の経験上のお話ですが全員のダイエット成果の平均値を出すと平均でマイナス1kgも行っていないと思います。

ただこれはあくまで筋トレ目的や、健康維持が目的の人も入っているので参考的な数字だと思ってみてください。

でもそれにしても結局ジムに通おうが通わなかろうが減る体重はさほど変わらないと思います。

ジムに通っていなくても独学でもっと痩せている人だって沢山います。

つまりジムに通ったり、サプリメントを飲んだからといって痩せると言う訳では無いのです。

ダイエットにお金をかけるなんで馬鹿げている

お金を出して美味しいもの食べて太って・・・・太ったから、お金を出して痩せる。

これはかなり非効率ですよね。

私が思う本当のダイエットはお金をかけない事です

これは何を示すかと言うと、もっと質素な食事をすればいいという事です。

納豆、焼き魚、味噌汁、もやし、かいわれ大根。

こういう食事をしていればわざわざお金をかけてダイエットしなくても自然と痩せていきます。

強いて言うなら質素な食事で食べる食材に上質な食材を買うためのお金をかけるって事ですかね。

量より質です。

人間「楽をして痩せたい」って言う気持ちがあるから「一番良かった人のデータを謳っているダイエット方法」に引かれていくのです。

ある種騙されていますよ?

痩せている人は痩せている理由があって、太っている人は太っている理由があります。

お菓子を食べたり、菓子パンを食べていたり、アルコールが好きだったり、外食が多かったり。

太っている人は大体これのどれかに該当するはずです。

やっぱり「お金をかけて太っているんです」。

そこにお金をかけなくすればジムに通うより、ダイエット食品に頼るより遥かに高い確率で痩せていくと思います。

仮にお金を使うもしても便秘防止やお肌があれないような「天然系の」サプリメントにして下さい。

そして理想は「サプリメント代分食費を減らす」という事です。

食べることが好きだから食べる物は変えられない

きっとこういう考え方の人もいるでしょう。

実際私の働いていたジムもそうでした。

と言いますか、こういう考えだからこそジムに通って「助けを」求めてくるのです。

お酒飲んで食べ物変えないで痩せる方法ありませんか???って。

先程説明しましたがジムに通う人が平均で1kgくらいしか痩せない理由がこれです。

自分の力で痩せれない人がジムに来たってそこまで痩せられないんです。

ジムに痩せるタメにお金を払っているのにも関わらず、自分が太るために食事にお金を使う。

じゃあどうしたらいいのか??

自分の意思で食べるものを減らす、変えるしかありません。

逆を言うとそれをするだけで体重は減っていきます。

一番美味しい思いをしているのはジムのオーナーやダイエット関連企業で、一番惨めなのはダイエットに対してお金を出しているあなたなんです。

あなたが食べれば食品業界が喜び、あなたが太ればダイエット業界が喜ぶ。

なんか悔しくないですか??

ま、それはそれで経済をまわしているので良いのかもしれませんけど・・・

最近これはいい!!って思ったものがあります。

それはチアシードです。

食物繊維、オメガ3脂肪酸、満腹感を得られる南米の食品です。

チアシードドリンク

チアシードドリンク

見た目はおたまじゃくしみたいですが無味無臭です。

食感はヌル、プチって感じで玄米を食べているような食感があって意外と美味しかったです。

お金を出すならこういう「意味のある食品」にお金をだしてください!

ダイエットとは「自分の心に対してアプローチ」しない限り成功しません。

お金は無いよりあった方がいいですし、太っているより痩せている方がいいですし、可愛くないより可愛い方がが絶対に人生得して生きています。

あなたの人生を変えられるのはあなた自身ですよ。

強いてお金をかけるならカルニチンか水素水

とくに皆さんに買ったほうが良いよ!!と言うわけではないのですがダイエットを「細胞単位」で考えた場合に脂肪を燃やしやすくしてくれる物質がカルニチンと水素水にになります。

脂肪は細胞内の「ミトコンドリア」内で酸素と結びつき燃えます。

有酸素運動は沢山酸素がミトコンドリアに取り入れられるのでその分脂肪と結びつき脂肪が多く燃えていくって言う理屈なんです。

その補助的に脂肪を沢山ミトコンドリアに運び入れてくれるのがカルニチンといわれており体内のカルニチン量が多いほうが脂肪を多く運んでくれるといわれています。

また、ミトコンドリアは活性酸素によって数が減ったり、動きが鈍くなったりするといわれていて、その活性酸素を除去するのに水素水の強い抗酸化作用が有効といわれているんです。

伊藤園の水素水

ミトコンドリアは元気なほうが身体にも良いですし、ダイエットにもいいので活性酸素を除去してくれる水素水も有効的だと考えられています。

ただミトコンドリア?カルニチン?水素水?よくわかんなって人は買わなくて良いと思います。

ダイエットはあくまで自分で納得した商品で試したほうが効果は出ると思います。

さていかがだったでしょうか?

個人的にはダイエットにはあまりお金はかけないほうが良いと思いますがもしお金をかけるのであればカルニチンや水素水なんてとても良いと思いますよ。

今年は遺伝子検査ダイエットに挑戦してみます

なんとなくテレビで遺伝子検査ダイエットについてやっていたので私も挑戦中で

今年の夏は遺伝子検査をして効率よくダイエットがトレンド!?のブログ

ダイエットのすべては「自分を知ることから」はじまると思うのでDNA単位で自分の事を知れるというのはかなり大きなアドバンテージになると感じます。

ここにだけはお金掛けてもいい気がしたので検査をやってみました。

初回限定380円。便秘気味のダイエッターにおすすめ

2,621人目のご訪問ありがとうございました(^^)

ジャイアンツ選手、オフの自主トレ情報。【Youtube】

ゲルシービデオチャンネル。

あなたにおすすめの記事

関連カテゴリ[]

ブログのTOPページへ

掲載依頼やブログへのお問い合わせはこちらから。

カメラのカテゴリー

FUJIFILMのカメラ

FUJIFILMのカメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

SONYのカメラ

SONYのカメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

Nikonのカメラ

ミラーレス一眼カメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

オリンパスのカメラ

オリンパスのカメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

アクションカメラ

アクションカメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

カメラレンズ

カメラレンズの情報をまとめたページです。

読んでみる

カメラ購入アドバイスのカテゴリ

レンタルカメラ

レンタルカメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

カメラ屋さん

カメラのキタムラとマップカメラを比較したページです。

読んでみる

マップカメラ

マップカメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

カメラってモテる?

カメラを趣味にしたらモテるのかをまとめたページです。

読んでみる

中古カメラ

中古カメラの情報をまとめたページです。

読んでみる

カメラ雑学

カメラについての雑学をまとめたページです。

読んでみる

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ