京王の元祖有名駅弁と全国うまいもの大会に行ってきた!

みなさんこんにちは。

今日は京王で開催されている元祖有名駅弁と全国うまいもの大会に行ってきました!

元祖有名駅弁と全国うまいもの大会に行ってきた!

今の彼女と付き合う前、独り身の時は仕事の帰りに一人で行って、夕飯として買ってイベント会場で一人で寂しく食べていた思い出が沢山あります 笑

男一人で弁当買って、ソフトクリーム買って・・・寂しくなかったもん!!苦笑

さてさて、今は彼女がいるので今回は二人で行きました!

有名駅弁と全国うまいもの大会

有名駅弁と全国うまいもの大会

相変わらず駅弁とか、北海道物産展はいついっても混んでいますね!

なぜか大阪のパン屋さんのブースがとてつもなく並んでいました。

私は特に今回目的はなかったのですが京王のポイントが3000ポイントあったのでこれで美味しい駅弁を買いたいと思います!

有名駅弁と全国うまいもの大会

有名駅弁と全国うまいもの大会

めちゃくちゃ美味しかった佐賀牛の駅弁

予算は3000円。

お釣りは出ません。

一度、二度と店内を回って・・・海鮮系と肉系を買うことにしました!

どっちも美味しそうなお店が複数店あり、どのお店にしようかすごく迷ったのですが・・・サーロインがめっちゃ美味しそうだったのでこちらの駅弁にしました!

佐賀牛サーロインステーキ& 赤身ローストビーフ弁当

佐賀牛サーロインステーキ&
赤身ローストビーフ弁当

佐賀牛サーロインステーキ& 赤身ローストビーフ弁当 1980円

店舗で作っているのですがもう美味しそうのなんのって。

今回出店しているお店の中でも結構高価なお弁当です。

こちらのお店はこの1種類のみのお弁当です。

手前に乗っているのがサーロインで、奥のお肉がローストビーフです。

みなさん佐賀牛って食べたことありますか?

もう、本当にうまい!

サーロインステーキを一口食べて・・・口に入れた瞬間お肉がとろける!!

噛まなくても勝手に溶けていく!

はーまじ美味い。

そしてローストビーフも赤身ですがやはり脂が乗っていてこちらも負けず劣らず美味しい。

サーロインステーキが10段階中9くらいのとろけ具合でローストビーフが6くらいのとろけ具合です。

これ、本当に美味しかったです。

衝撃的な美味しさ。

佐賀牛、もう一度食べたいです!!

佐賀牛サーロインステーキ& 赤身ローストビーフ弁当

佐賀牛サーロインステーキ&
赤身ローストビーフ弁当

のどぐろとサーモンといくらの弁当 …. 1,530円

こちらは新潟県のお弁当。

のどぐろは錦織選手の好きなものということで一気に有名になりましたよね。

ということで今回気になったので私も買ってみました!

のどぐろとサーモンといくらの弁当 .... 1,530円

のどぐろとサーモンといくらの弁当 …. 1,530円

のどぐろ、サーモン、いくら。

これって、女子がめっちゃ好きな組み合わせ?笑

のどぐろって初めて食べましたが結構脂が乗っているのですね!

塩かげんもちょうどよくて美味しかった!

そしてサーモンも美味しい!!

【楽天から貴方へのおすすめ】

いくらは。。。嫌いなので食べません 笑

米ものどぐろか何かで炊き込んでいるのでとっても風味豊かで美味しかったです!!

たらば三昧弁当

北海道 根室本線/釧路駅 たらば三昧弁当......1,480円

北海道 根室本線/釧路駅 たらば三昧弁当……1,480円

え?二人で3個の弁当を買いました 笑

なんせクーポン券が3000円あったので合計4500円くらい買いました!笑

人生初の?タラバガニです!!

一口食べて思いました。

なんだこの強靭な歯ごたえは!

タラバガニって「キュッキュッ」っていうくらいすごい弾力があるんですね!

当然美味しいのですがその歯ごたえにビビりました!

はー、幸せな10分間でした 笑

今回の順位をつけるとすると。。。。

  1. 佐賀牛サーロインステーキ& 赤身ローストビーフ弁当
  2. のどぐろとサーモンといくらの弁当
  3. たらば三昧弁当

こんな感じですね!

本当に佐賀牛のサーロインのとろけ具合が半パ無かったです!

皆様も是非京王の元祖有名駅弁と全国うまいもの大会に行かれたら是非食べてみてください!

1月19日まで新宿京王百貨店7Fでやっていますよ!

人目のご訪問ありがとうございました(^^)

あなたにおすすめの記事

ブログのTOPページへ

掲載依頼やブログへのお問い合わせはこちらから。

閲覧数上位3位、私運営のYoutube動画

超緊張?育成捕手が菅野の球を受ける

阿部監督のグラブ捌きが超上手い

なんか泣ける。山下航汰の守備練習。

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ