加齢による薄毛の要因17型コラーゲンを東京医科歯科大が解明 !

みんなさんこんにちは。

先日こんなニュースが発表されましたね。

加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明

年をとると薄毛になってくる原因はたんぱく質の一種のコラーゲン、17型コラーゲンが分解され減少すると毛包と言われる毛を生成する部分が小さくなる事を発見したそうです。

人の頭皮は50代〜70代の毛包は若いころより小さく、17型コラーゲンの量も減っていたそうです。

研究結果はがんの放射線治療の影響で髪の毛が抜けてしまった患者にも役立つ可能性があるそうです。

17型コラーゲンの摂取方法は?

17型コラーゲンが少なくなる事で薄毛になるのであれば17型コラーゲンを少なくしたくないし、17型コラーゲンを摂取したいですよね。

ただ、現段階では17型コラーゲンを摂取する具体的なものはないそうです。

ただ17型コラーゲンの生成は必須アミノ酸である可能性が高いとの事なので現在はで必須アミノ酸を取っている事が一番の薄毛対策になる事が予想できます。

必須アミノ酸は9種類

必須アミノ酸は体にとって必要だけど体内では生成されないアミノ酸の事を言います。

  • フェニルアラニン
  • ロイシン
  • バリン
  • イソロイシン
  • スレオニン
  • ヒスチジン
  • トリプトファン
  • リジン
  • メチオニン

食べ物で薄毛対策をする上ではこの9種が入ったサプリメントを摂取するのが一番の薄毛対策と言う事でしょうかね。

必須アミノ酸が取れればなんでもいいですが私が知っているところだとこんな面白い商品があったりします。

プレジデントに掲載された発毛育毛ミスト【M-1】のブログ

M-1

M-1

参考URL https://www.saravio.jp/ir/media/magazine/160208_m.html

参考にしてもらえましたら幸いです!

人目のご訪問ありがとうございました(^^)

あなたにおすすめの記事

ブログのTOPページへ

掲載依頼やブログへのお問い合わせはこちらから。

閲覧数上位3位、私運営のYoutube動画

超緊張?育成捕手が菅野の球を受ける

阿部監督のグラブ捌きが超上手い

なんか泣ける。山下航汰の守備練習。

  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ