ポコチェで紹介された水素水サーバー【ガウラミニ】

みなさんこんにちは。

最近水素水がテレビや雑誌で取り上げられているのを見かける事が増えた気がします。

私はスポーツトレーナーをやっていた3年ほど前に初めて水素水の存在を知り実際に飲用していました。

でも当時はすごく健康だったのと、男と言う事もあり美肌に関して気にしていなかったので水素水に全く興味がありませんでした。

「こんな水飲んでホントに健康になるのかよ。インチキじゃないの?」と思っていたほど。

それから3年。

私も歳をとり、結婚を控えた今自分の健康をとても気にするようになりました。

ここ1年胃痛で悩まされており胃癌のリスクが高くなったのかと悩んでいるのですが、癌のリスクを低くするものを調べていくとそこには水素水がありました。

癌のリスクを下げる効果が期待できるかもしれない

2007年に日本大学の太田教授と言う人が水素が活性酸素を除去する働きがあるという研究結果が世に発表され大きな反響がありました。

ちなみに産経新聞に掲載されたこの記事読んだことありますか?

産経新聞

産経新聞

引用 https://blog.goo.ne.jp/flanagan_suiso/e/d34bf5ca62ee0356eb899c84101834c1

産経新聞に書いてあるように多くの病の原因となる活性酸素に対して水素水がとても効果的って研究結果が出ているんですよね。

朝日新聞でも掲載がありました。

朝日新聞

朝日新聞

引用https://suiso-waters.com/sinbun/

ストレスや癌の原因に大きく関わっているのではないかと言われているのが活性酸素です。

活性酸素はシミやシワ等の老化の原因とも言われており、老化を遅らせるために抗酸化作用あるナッツや野菜などを食べているタレントやモデルさんをよく見かけますよね。

その中でもとりわけ抗酸化作用が最も期待できるものとして最近では水素関連商品が注目されているんです。

水素の粒子はかなり細かい

水素は粒子が細かい為に普通のペットボトルの容器では通過してしまうため専用の容器に入れることが必須となります。

逆を言うとそれほど細かいので体内でも隅々まで浸透していくと言う事が期待されているのです。

ご家庭では水素は水素水や水素ガスの吸引など体内から摂取する方法と、水素風呂などの体外から摂取する方法が一般的だと思います。(病院等の施設は除く)

水素の粒子が細かいので体内、体外からのアプローチが有効だと言う事でそのような方法が取られている訳であります。

ヒトロジカルと言う活性酸素

活性酸素=悪者のようなイメージがありますが実はそうではないそうです。

活性酸素はウィルスなどの進入を防いでくれるものになり人間には必要なものと言われています。

ただ、活性酸素にも種類があるらしくその中でも「ヒトロジカル」と言う活性酸素が癌に大きく関連しているといわれているそうです。

水素のすごいところはそのヒトロジカルにだけ反応し除去してくれると言う事でとても注目されているんです。

化粧水に混ぜても良い

水素は粒子が細かいので普段お使いの化粧水に混ぜて使っても化粧水単品だけよりも肌の奥まで浸透しやすいと言われています。

ですから美容の為にも飲むだけではなく肌の外からとる事も効果的だと言われているんですね。

水素水は濃度が大事

水素は粒子が細かいので水素水は通常のペットボトルなどに入れているとどんどん水素が揮発していってしまい、ただの水となってしまいます。

ですから水素水は「濃度」がとても重要でほとんどのメーカーが濃度を売りとしています。

医師が推奨する水素濃度は1.0ppm以上とされておりどのメーカーもその濃度前後で販売している事が多いです。

ただ、水素はどんどん抜けていくので出荷時の濃度ではなく私達が飲むときの濃度が大事な訳です。

ですからほとんど多くの水素水メーカーは水素が抜けて行く事を踏まえて出荷時は1.0ppm以上の水素を充填している事が多いです。

しかし水素と言うのは1気圧上ですと最大でも約1.6ppmまでしか充填できないらしいので高圧力で水素を沢山充填し3.0ppmとか7.0ppmとか謳っている水素水も蓋を開けてしまったら容器の中の気圧も1気圧になってしまうので1.6ppmになってしまうと言われています。

逆を言えば最初から3.0ppmとか7.0ppm程度入っていれば私達が水素水を飲むときは限りなく1.6ppmに近い状態で水素を得る事が出来ると言う事になりますね。

作りたてが一番濃い?

普通に考えると水素水は出来たてが一番水素濃度が濃いです。

であるのであればコンビニなどで売っているようなアルミパウチ等ではなく水素水サーバーから出来たての水素水を飲むのが一番の理想と言えると思います。

ただし飲むシーンは家だけとな限らないので水素水サーバーとアルミパウチタイプを併用するのが一番の理想と考えられますよね。

そして水素水サーバーは1杯あたりの費用はアルミパウチなどのタイプと比べると安くなりますが初期費用に何十万円とかかる事が多いので初期費用の負担が大きいのも事実です。

どっちがいいとかありませんので自分のライフスタイルにあっているほうで良いと思います。

卓上水素水生成器「GAURAmini」ガウラミニ

と言う事で今回ポコチェで紹介されていた卓上水素水生成器「GAURAmini」ガウラミニのご紹介です。

サイズが小さめと言う事もそうですが大事なのは水素濃度ですよね。

卓上水素水生成器「GAURAmini」ガウラミニの水素濃度は1.0ppm前後 だそうです。

1.6ppmには及びませんが医師の推奨が1.0ppm以上なので充分ですね。

アルミパウチタイプで1.0ppmだと水素が抜けていってそれ以下の水素濃度になってしまいますがガウラミニはサーバータイプで出来たての水素水なのですぐ飲めるので1.0ppmでも問題ないと言う事になります。

タンクが4Lで水道水を自分でいれて飲むタイプになりますので経済的ですよね。

メンテナンスは1年に1度のフィルター交換8000円と言事なので長い目を見ればかなりお得だといえますね。

仮に16万円で365日で割ると1日438円です。

ただアルミパウチタイプは300ml程度で300円でガウラミニは量関係なく438円なので家族で飲む場合は確実にガウラミニの方が安く済みますね。

そして2年目以降は1年でフィルター代8000円しかかからないので相当お得ですよね。

月4000円でレンタルもやっているみたいなので一度ページを見てみてください。

ちなみにガウラミニは「冷蔵機能」が無い為常温になりますがちょっと値段はあがりますが「ガウラ」は冷蔵タイプも販売されているみたいです。

ガウラは水道管直結タイプで月5000円からレンタルが可能だそうです。

やはり冷えているほうがいいですよね。。。。。

追記

レンタルは36ヶ月契約で37ヶ月目以降も飲み続けたい場合さらにお金が発生します。

となると買ってしまったほうが安いんですよね。

で37ヶ月目以降に買い取り制度はないのかたずねました。

すると。。。買取制度あるそうです。

だた!!!

めちゃ高い。

ガウラminiの買い取りか価格が¥59,788(税込)

ガウラの買い取りか価格が¥97,588(税込)だそうです。

もちろん36ヶ月レンタル代はらったあとに上記の価格がかかるって意味です。

レンタル代36ヶ月で一括以上の機械代を払っていてさらにそこから買い取るのに上記の価格を払うのははっきりいってばかばかしいです。

ちなみにカードローン36回払いのほうが確実に安いのでもしレンタルをするのであれば一括で買ってカードローン36回払いのほうが安くすみます。

この買取価格ローンの年率でいうと30%超えていますよねw

追記終わり

最新型家庭用水素水サーバー

使い勝手のいい持ち運び可能な水素水生成器

最近発売された水素水生成器でBambi【バンビ】と言う製品です。

価格が税込53784円。

個人的にこういう商品をまっていた!!と嬉しくなりました。

サーバーを置くほどのスペースや値段は払えないけどアルミパウチを続けるにはお金がかかりすぎる・・・

サーバーは安くなったとは言えまだ10万円を超えますからね。

はて、どうしたのもかと悩んでいました。

53784円が安い?と聞かれると決して安くは無いですがサーバーを買う半額で買え、半年以上飲むのであれば軽くアルミパウチよりも安くなります。

それと病に侵されてしまったらそのほうがよっぽどお金かかりますからね。

いわば自分の健康、仕事を出来る体作りへの投資です。

一度に作れる水素水が10分で200mlをサーバーに比べると半分以下ですが10分待てば高濃度の水素水がどんどん出来るので私には問題ありません。

コンセントがあれば旅行にでも、病院にでも持って行けるのでホントに楽チンです!

しかも水道水利用可能です!

ちなみにこれ私買いますのでこんどレビュー書きますね!

2016年。今水素水飲むならどれが一番賢い方法か考えたブログ

特別にバンビを借りれましたので使用レビュー書きました!

人目のご訪問ありがとうございました(^^)

あなたにおすすめの記事

ブログのTOPページへ

掲載依頼やブログへのお問い合わせはこちらから。

閲覧数上位3位、私運営のYoutube動画

超緊張?育成捕手が菅野の球を受ける

阿部監督のグラブ捌きが超上手い

なんか泣ける。山下航汰の守備練習。

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ